付替えられた大和川

万葉の息長川関連頁 目次
下記をクリックしていただくと頁が開きます 
万葉の息長川   系譜に見る息長氏  伝承地の息長氏   関連河川 
万葉歌4458の詠み人
馬史国人
 
 
  伎人郷(くれひとのさと)
息長伝説の信憑性
 
万葉歌に見る
大伴家持の生涯
 
 
 万葉集巻二十編纂の謎 
孝謙天皇難波宮行幸と
河内六寺
 
 攝河の地に
息長川は存在せず

 
平野川探訪 
リンクのペ-ジ
 

付替えられた大和川 目次 
河内平野の生い立ち
文献史料に残る河内国の洪水
 
大和川付替促進嘆願と
付替反対運動
 
付替工事の決定 付替工事の施工内容 付替の付帯工事  
付替工事の完成   発掘調査で判明した築堤時の堤防
深野池・新開池跡を訪ねて  
旧今米村と中甚兵衛屋敷跡   付替後の新旧大和川流域の変遷 平野川と青地・井手口樋  
付替後の新旧川筋の明暗   綿作りは大和川付替以前から  


  大阪市平野区の区制40周年記念の今昔ア-カイブの大和川付替えの解説からご覧下さい。

          今昔ア-カイブ『大和川付替えへ』はここをクリックして下さい
河内平野の生い立ち 
上左図 B.C20000年~10000年頃の氷河時代が去り縄文海進時代の幕開けで海面上昇期に入り、河内平野の低地に海水の浸入が始まり、やがて右図のように河内湾の時代となる。この時代の大和川は網状流路で低地全域に流れていたと思われます。
上左図 弥生時代中期のB.C90年頃にになると河内湾・潟の時代を経て河内湖になり瀬戸内海からの偏西風によって吹き寄せられる砂や北方の淀川から排出される土砂により上町台地と淀川デルタで河内湖の瀬戸内海への出口を塞ぎ、やがて淀川と大和川から排出される土砂で河内湖が埋められ沖積平野が形成される。(大阪文化財研究所大坂遺跡より) 
右図は旧大和川流域の発掘調査に携わられた大阪府文化財センタ-の坂田育功先生が作成された大和川流路変遷過程論文記載の図です。七世紀代の大和川本流は八尾市美園遺跡南端で検出された幅70m、深さ2mの規模を持つ流路でこの上流をたどると宮町・八尾神社・八尾市役所・成法寺・今井・矢作集落の立地する自然堤防をへて老原集落の東で久宝寺川につながる矢作ル-トであり、八世紀に本流となる平野川ル-トの前身と思われる幅8mほどの溝がこの時期に形成されている。(坂田論文より) 
上左図8世紀の大和川は現八尾市植松付近から平野川へと流入し平野川が当時の大和川本流であったことが昭和20年代の米軍撮影の航空写真・土地条件図(下の写真参照)でも確認出来ます。続日本紀・日本紀略・日本三代実録には多くの河内平野の洪水記録があり、8世紀末から9世紀にかけて検河内国水害堤使の派遣や築河内国堤使任命の記述があり、9世紀に大和川から平野川への分岐地点である植松の平野川への流路を閉め切り、久宝寺川(現長瀬川)へ 切り替えており、10世紀には大和川は志紀郡二俣で久宝寺川と玉櫛川の2流路になる流路がほぼ定着した様です。
河内湾から河内湖・沖積平野へと変遷した北河内一帯は大半が標高1m前後の低地で有り大和川や平野川が合流して淀川(大川)へ流れ込む大阪城の北辺りでは大阪湾が満潮・高潮時には淀川の水位が上がり大和川・平野川は逆流することは現在でも見られることで、大和川付替前までは降雨時には自然発生的に洪水・氾濫が繰り返されていたのがわかる。
左昭和21年に米軍が撮影した柏原・八尾の航空写真で付替前の大和川水系の河道がくっきりと出ています。こうした航空写真を基に国土地理院が詳細な地形分類土地に関する諸条件を図示した土地条件図旧河道の位置等がよくわかる。
上左図 土地条件図に見た河内平野の地形図です。河内国十六郡の大半が潟湖性低地・三角州性低地・扇状地性低地であり攝津国東成郡・住吉郡の一部がやはりこれに含まれていることが判ります。
久宝寺川、玉櫛川、菱江川、吉田川、東除川、西除川、瓜破台地
茶臼山、桑津、平野郷、城連寺、三宅、大堀、久宝寺、寺内、柏原、高井田
長田、今米、日下、
右図は河内国の郡と付替前の大和川水系の河川・池の図(布施市史より)。 
本文中大和川付替について古文書には『川違(かわたがえ)』と記載通りのまま記していますが、文中では通称の『付替』をもちいました。また中甚兵衛の呼称については付替工事完成までは今米村庄屋甚兵衛が正しく付替工事完成後、功績により苗字帯刀を許されて中姓を名乗るのですが、一般には当初から中甚兵衛の呼称が使われ定着しているので本文でも中甚兵衛としました。
★河川名について
一つの河川で複数の名称を持つ河川がいくつかありますが、現在使用されている河川名と大和川付替当時の河川名が違うことも多いので、それぞれ()で現在の呼称をいれておきました。付替前の大和川についは二俣までを大和川。二俣から久宝寺川(長瀬川)と玉櫛川に分類、現在は玉串川の表示になっています。また、流域によって呼び名の違う河川もあります故簡単な説明をいれました。
★文中で尺貫法の数字をメ-トルに換算していますが概算なので正確な数字ではありません。
文献史料に残る河内国の洪水 
前述のように河内平野は東は生駒山地、西は上町台地、北は淀川、南は羽曳野台地に囲まれ古代大和川の堆積作用と生駒山地の扇状化によって生まれた沖積平野を大和川の流れは紆余曲折し水勢緩慢なうえ川筋が幾筋にも分岐し川下で再び合流して大坂城の北で淀川に注ぐため、大雨の際は淀川の増水により排水を阻まれ氾濫し河内平野の低湿地に築かれた堤防が決壊し夥しい洪水被害が度々発生しており、その洪水記録は次の様に古代から枚挙にいとまがないほどあります。
続日本紀(750)天平勝宝2年5月24日、伎人・茨田等の堤、所々で決壊する。
続日本紀(762)天平宝字6年6月21日、河内の長瀬堤決壊、単功22.200余人で修造する。
続日本紀(770)宝亀元年7月22日、志紀・渋川・茨田堤を単功3万余人で修造する。
続日本紀(773)宝亀3年8月、河内の茨田堤6ヶ所、渋川堤11ヶ所、志紀堤5ヶ所決壊する。
北から淀川の茨田堤が大和川水系の長瀬堤・志紀堤・渋川堤が決壊、淀川・大和川と両河川の洪水に河内平野は1000年以上も悩まされて来たのです。江戸中期になって大和川水系の抜本的な洪水対策として大和川を柏原の石川合流地点から川違(かわたがえ)して攝津国住吉郡安立(あんりゅう)町の海へと西流させるよう河内平野の百姓達が幕府に願い出ます。この大和川付替の主導者河内国河内郡今米村庄屋中甚兵衛が(1687)貞享四年四月に大坂町奉行所に提出した「堤切所之覚」に過去五十年間の洪水被害が下記の様に記載されています。
西暦   和歴  干支  洪水の情況
 1638  寛永15 戊寅   吉田川筋堤切壱ヶ所
 1652  承応1 壬辰   吉田川筋堤切壱ヶ所
 1674  延宝2 甲寅  玉櫛川筋菱江川・吉田川・深野・新開表堤切三十五ヶ所
 1675  延宝3 乙卯  玉櫛川筋菱江川・吉田川・深野・新開表堤十九ヶ所
 1676  延宝4 丙辰  玉櫛川筋菱江川・吉田川・深野・新開表堤切十ヶ所
 1681  天和1 辛酉  玉櫛川筋菱江川表堤切六ヶ所
 1683  天和3 癸亥  玉櫛川筋菱江川・吉田川表堤切七ヶ所
 1686  貞享3 丙寅  玉櫛川筋菱江川・恩地川表堤切三ヶ所
(1638)寛永十五年戊寅(つちのえとら)に始まり(1686)貞享三年丙寅(ひのえとら)までに8回の洪水が記録され、なかでも延宝二年の洪水は最もひどく菱江川・吉田川・深野池・新開池で三十五ヶ所が破堤しています。この「寅年洪水」について貞享四年の「堤切所之覚」に『右は拾四年以前寅年洪水ニ玉櫛川之川口法善寺前弐重堤流失、川口広ク罷成申故如此切所出来仕…』と記され玉櫛川の川口(二俣付近)にある法善寺村領に築かれていた二重堤の流失が、その後の頻発する洪水の主原因であると述べています。
河内・若江・讃良(ささら)・茨田(まんだ)・高安郡の百姓達にとっては二重堤の復元が悲願となり度々幕府に嘆願しています。(1687)貞享四年四月の「乍恐御訴訟」でも『去る拾四年寅ノ年洪水ニ玉櫛川之川口弐重堤流失川口広ク罷成、それより以来玉櫛川へ水大分参、新開・深野表堤年々拾ヶ所切所ニ及、家屋敷迄水入ニ罷成…』と法善寺前弐重堤の復元を度々嘆願しますが復元は成らず、『深野・新開池、川々悉ク埋リ本田より高ク罷成、悪水一円落不申亡所ニ罷成迷惑仕候』その結果洪水で運ばれた土砂で大和川の川底が上がり天井川となり洪水被害が大きくなったと訴え更に『大和川之土砂で新開池・深野池・川々大坂川口迄悉ク埋リ洪水ニ堤張切、悪水も一円落不申、壱ヶ年之中ニハ度々居屋敷迄水つき何とも渡世ヲ送り可申様も無御座、飢ニ及び迷惑至極仕候』大和川の天井川化で、さらなる洪水被害が深刻化している現状がわかります。
(1689)元禄二年十二月七日付きで河内・若江・讃良・茨田・高安郡の連署した「乍恐御訴訟」には『其上年々込水ニて土砂流込、新開池・深野池、本田より壱丈(3m)余も高くなった』と記されています。
また中家の伝存文書に(1675)延宝三年の「堤防比較調査図」があり、ここ50年間に大和川の川底がどれだけ上昇したか、田地と比較してどれだけ川底が高くなっているか各村々の詳細な記録が図に記されています。例えば中家のある河内郡今米村に関しては、今米村に属する堤防の長さは775間(約1.400m)で、ここ50年間に川底は1丈2尺(約3.6m)高くなり、そのうちこの10年間で6尺(約1.8m)高くなって田地より川底の方が1丈(3m)も高くなったと記されています。
大和川筋の流域住民から度々こうした訴えがあり、実際に洪水被害が頻繁に発生していることもあり幕府は(1683)天和三年二月に若年寄稲葉正休(まさやす)らを派遣して、実地調査を実施させた結果洪水の原因は大和川及び関連河川の水源である山々の地質が砂土で、しかも多くの木々を濫伐したために、雨が降るとそれらの土砂が流れ出し下流を塞いだというものであったと結論つけています。
※ この結論にも一理あり戦国時代から江戸初期にかけて近畿では各地で築城ラッシュで大開発時代でもあり畿内での木材の濫伐も充分考えられます。しかし現在の付け替えられた大和川でも土砂の流失は多く、水量も現在は少ないが付替前の大和川の水量は? 現在と江戸期の降雨量の違ひは? デ-タがなく比較出来ませんが大差はないように思われます堤防の高さや築堤技術の差が洪水の頻発を招いたのではないでしょうか?。
 法善寺村「弐重堤」について
玉櫛川河口の法善寺村付近に築かれていた「弐重堤」が(1674)の寅年洪水で流失し河口が広がったのが、それ以降玉櫛川筋の河川で洪水が頻発する主原因だと流域住民は主張しています。その後の嘆願書でも再三「弐重堤」の復元を訴えています、この玉櫛川河口に築かれていた「弐重堤」とは大和川が久宝寺川と玉櫛川に分岐する二俣付近に築かれていたものと推定され、久宝寺川と玉櫛川では下流の川幅が異なり、玉櫛川の方が狭いため大和川に背割堤を築いて玉櫛川に流入する水量を調整していたものが、寅年洪水でこの「弐重堤」が崩壊し玉櫛川に多くの水が流れ込むように成ったのが、玉櫛川水系の洪水頻発原因として嘆願書に「弐重堤」の流失と洪水の因果関係を述べて「川違」実現前に取敢えず「弐重堤」の復元で洪水被害を少しでも防いでほしいと訴えています。また河内平野の洪水は久宝寺川では殆どなく玉櫛川水系で頻発しています。 
上の絵図は江戸幕府の命で、慶長・正保・元禄・天保の4回、全国規模で国ごとの地図が作成されました。 このうち元禄国絵図は、(1696)元禄9年に作成が命じられ、(1702)元禄15年までにほぼ全国の分が完成したといわれています。1里を6寸とする縮尺(約21,600分の1)で、山、川、道路等が描かれ、川は川幅が記されています。郡別に色分けされた楕円形の枠内には村名と石高が記されています。大和川付替の前年までに作成された絵図です。
上A図は河内国領を流れる大和川水系全図です。この元禄河内国絵図では玉櫛川を大和川と記しています。現在の長瀬川が久宝寺川。菱江川・吉田川と記されています。右図は大和川と石川の合流地点で石川の川幅百三十八間(262m)、 大和川二百十五間(約409m)と記されています。いずれも両川の合流地点の川幅で歩行渡となっています。
この川幅とは左右の堤防間の幅だろうと思われ実際の流路幅ではないと思われますが、歩行で渡れたということは常水時の水量は少なかった様です。
上左図は左が久宝寺川で川幅八十間(152m)歩行渡となっており、右の大和川と記されているのが玉櫛川で川幅百十八間(224m)歩行渡と記されています。
上右図 菱江川の川幅五十五間(105m)、右が吉田川で幅十六間(30m)と記されています。
久宝寺川で川幅80間(145m)歩行渡、玉櫛川は大和川と記され川幅118間(214m)歩行渡、両川とも歩行渡になっており江戸期の大和川も現在と変わらず平時の流量は少なく歩行で渡れたようです。しかし降雨時になると、たちまち増水し上流からの土砂で中州の状態が増水毎に変わります。また、この絵図で見ると久宝寺川(現長瀬川)よりも玉櫛川の方が川幅も広く絵図では大和川と記されており当時は玉櫛川が大和川の本流と見られていたようです。また、記録から見ても久宝寺川よりも玉櫛川・菱江川・吉田川流域の洪水被害が大きいです。 
上左図 下が北、川幅が逆さまでは見にくいので絵図を逆転しましたので下が北になります。河内国若江郡森河内村で寝屋川に注いでおり川幅壱町四十間(190m)で歩行渡になっています。この寝屋川との合流地点は大坂湾の潮の干満の影響もあり、かなりの水流もあったと思われますが歩行渡が可能であったとは予想外です。大和川水系の排出する土砂の影響でしょうか?
右図は淀川(現大川)へ流込む河内平野からの各川と猫間川。 
 川  名  付替前の川幅 付替後井路川幅  川の長さ  出  典
大和川(築留~二俣)   199.5間(379m)  5間(9m)  約2.3  堤防比較調査図
  上  同  215間(391m)  -    元禄国絵図
 久宝寺川  105.4間(200m)  4.4間(7.9m)  約12㎞  堤防比較調査図
 上 同(久宝寺村付近)   80間(144m)  -  -  元禄国絵図
 上 同(森河内村付近)  100間(180m)  -  -  元禄国絵図
 玉櫛川(神宮寺~市場)   94.8間(180m)  4間(7.2m)  約7.5  堤防比較調査図
 玉櫛川  118間(212m)  -  -  元禄国絵図
 菱江川   57.6間(109m)  3間(5.4m)   約4.8  堤防比較調査図
 菱江川   55間(99m)  -  -  元禄国絵図
 吉田川   45.7間(87m)  -  約4.5  堤防比較調査図
 吉田川   16間(29m)    -   元禄国絵図
付替前の川幅は中好幸著「改流ノ-ト大和川の付替堤防比較調査図」と「元禄国絵図」から、付替前の()内のメ-トル数値は文禄検地竿による1間=1.9m換算で、付替後は延宝検地竿による1間=1.8mで換算しました。
川の長さは各資料よりの推定です。
 ★久宝寺川について
続日本紀(762)天平宝字六年六月二十一日条に「河内の長瀬堤決壊、単功22.200余人で修造する」という記述があり、「長瀬」の名称がでていますが長瀬村の成立は意外に遅く(1889)明治二十二年の町村制よって誕生しており、現代の川名は「長瀬川」で定着していますが、江戸時代前半は「久宝寺川」と呼ばれ大和川付替当時もこの名で呼ばれ絵図にも久宝寺川と記されています。久宝寺川から長瀬川への改名が何時からなのか、何故変わったのか判りません。また、八世紀当時に「長瀬堤」が実在したことも続日本紀の記述で立証されていますが長瀬郷という集落名は承平年間(930年代)の和名類聚抄にも記載されておらず、しかし
762年の「続日本紀」に「長瀬堤」の記載がある以上「長瀬」という名が何処からでたものか調べてみましたが
今のところ不明でした。
大和川付替促進嘆願と付替反対運動  
大和川の付替運動の始まりは何時頃からか、確たる史料がなく定かではないが、中甚兵衛の父の代からの運動を長男太郎兵衛(通称太兵衛)・三男甚兵衛が引き継いだという説が通説ですが中甚兵衛の父に関する史料はなく従って名前も判らないそうです。大和川付替運動の創始者は誰か定かなことは判りませんが(1796)寛政八年二月の「新大和川掘割由来書上帳」によると(1703)元禄十六年から数えて四十五年前に河内国河内郡芝村の三郎左衛門と同郡吉田村の治朗兵衛が江戸に下り、大和川と石川の合流する志紀郡船橋村・柏原村の地点から「川違(かわたがい)」して攝津国住吉郡安立町の手水橋へ西流させるよう願い出たと記されており、元禄十六年から四十五年前は(1657)明暦三年になり、この頃から付替嘆願が始まったことに成ります。一説によると中甚兵衛の生年は(1639)寛永十六年といわれているので付替嘆願が始まった年には十九才で、この三郎左衛門と治朗兵衛の江戸行きに同行したという説もありますが史料がなく真相は不明ですがこの年、中甚兵衛が江戸へ行ったことは事実の様です。以後の中甚兵衛は十六年間江戸に滞在して帰省したのは(1674)延宝二年三月ですが江戸滞在中の動静は全く不明です。しかし後の大和川川違(かわたがえ)の緻密な工事計画や見積もりから見て、恐らくこの間に土木工学について学んだと考えられますが誰に学んだのか判りません。この他中甚兵衛については不明な事が多くあります例えば甚兵衛の江戸滞在中の今米村庄屋は誰が勤めたのか、また甚兵衛が江戸から帰ってからは柏原から安立町の間を数え切れないほど往復して詳細な付替計画書を作成して、幕府への陳情を繰り返しておりこの間の今米村庄屋の職は誰が勤めたのか、この当時の庄屋は村の由緒ある家が代々世襲するのが常で庄屋の仕事とは今日私共が映画やドラマで見るようなものとは違い大変な激務であった。庄屋は村の庶政一切を監理し、治安の任にも当たり公儀の御触書・代官所の回状処理・年寄を督励し勧農・勧業・治水・土木・救済・村民の請願を奉上
等枚挙に暇がないほど用務があり庄屋職を勤めながら「川違」の詳細な計画を熟すこと等到底出来るものではなく、こうしたことから考えると甚兵衛が庄屋職を勤めながら「川違」の企画を練っていたとは思えないのである。
(1660)万治三年、勘定奉行岡田善政と大和小泉藩主片桐貞昌が新川筋の見聞に訪れ、志紀郡弓削村・柏原村から住吉郡の手水橋の間に杭が打ち込まれます。これに対して新川予定筋となった河内国志紀郡と丹北郡・摂津国住吉郡の村々が大和川の付替が行われれば、新川筋の村々は「日損・水損場」となって大変迷惑だと訴えでますが、付替が決まったわけではないので安心せよとの回答で引き下がります。翌万治四年には改善処置として新開池の井路掘削が認められて八ヶ井路が完成します。 
大和川の洪水と付替賛否両派の動き 
西暦 和歴(年月日)  洪水記録・事項
1662  寛文2.  玉櫛川川口法善寺二重堤、洪水で流失。 
1666 寛文6.  大和川が天井川化し田地より高い場所が表れる。 
1674  延宝2.6.13  6月13.14日玉櫛川・菱江川・吉田川・深野池・新開池洪水・破堤35ヶ所・玉櫛川二重堤決壊。
 ※3月中甚兵衛江戸より帰省
1675 延宝3.6.3   玉櫛川・菱江川・吉田川・深野池・新開池洪水、破堤19ヶ所  
延宝3.8. 河内の大和川水系全て天井川化し田地より3m程度高くなる。中甚兵衛、堤防比較図を提出する。
1676 延宝4.3 大坂町奉行所、彦坂壱岐守ら大和川付替検分実施。
新川予定筋の船橋村ほか27ヶ村、付替反対の訴状町奉行所と江戸へ提出。
延宝4.4.26 玉櫛川・菱江川・吉田川・深野池・新開池洪水、破堤10ヶ所。
延宝4.5. 玉櫛川・菱江川・吉田川・深野池・新開池洪水,破堤6ヶ所
延宝4.7. 玉櫛川・菱江川・吉田川・深野池・新開池洪水,破堤4ヶ所
1677 延宝5. 大和川付け替え反対派9人の代表が江戸へ訴願。
1681  延宝9.7.   玉櫛川・菱江川氾濫、破堤6ヶ所 
1683  天和3.2.18   幕府、稲葉正休(まさやす)・彦坂重紹・伊奈半十郎・河村瑞賢らに大和川川違巡検を命じる。 
  天和3.4.11  巡検一行太田村視察、反対派農民これに驚き宿舎の中之島屋敷に訴訟。
1684  天和4.2.11  河村瑞賢、九条島の工事開始、20日で完了。 
1684  貞享1.8  淀川・大和川沿いの山々に土砂留めの植林をする。奉行が山検分する旨を各大名に通知。 
1686  貞享3.3.7  古川筋5郡百姓、楠根川中堤・法善寺前二重堤の工事を奉行所に請願。
河村瑞賢、森河内から京橋までの川幅拡幅工事に着手。
玉櫛川・菱江川・恩地川3ヶ所破堤。久宝寺村で1ヶ所破堤。   
1687  貞享4.3.  河内国3郡の村々、町奉行に応急治水工事を訴える。 
  貞享4.  大和川下流の村々、川の付替を藤堂伊予守に訴える。 
  貞享4.4.7  付替推進派、過去の洪水書上を奉行所に差出す。  
  貞享4.4.30  付替推進派より二重堤・放出新川・菱江川堤・吉田今津前関留・徳庵井路・寝屋川・恩地川の治水普請を奉行に請願。  
貞享4.  万年長十朗、上方代官に ※中甚兵衛の良き理解者で有り、この人が居なければ付替事業は順調には進展しなかっただろう。 
1689  元禄2.4.15  幕府、大坂町奉行に、攝河両国の土砂留を監督させる。 
  元禄2.12.7  河内・若江・讃良・茨田郡の付替推進派が応急の治水処置の願書を奉行所に提出  
1690  元禄3.12.  河内・若江・讃良・茨田郡の村々が河内の治水施設について再検討の請願をする  
1703  元禄16.4.6  稲垣重富・安後重玄・萩原重秀ら大和川付替予定地を実地検分。
万年長十朗、小野朝之丞、柏原~住吉浦を巡見し、中甚兵衛に工事費用を聞く。  
  元禄16.4.19 付替反対派、訴状と絵図を堤奉行に提出。 
  元禄16.5.  付替反対派、奉行所に訴願を提出。 
  元禄16.5.24  万年長十朗、付替反対派の庄屋を召出し4.19提出の絵図・訴状を返す。
  元禄16.5.26  付替反対派が奉行所に絵図・訴状を再提出。(乍恐川違迷惑之後訴訟)  
  元禄16.6.  志紀・丹北・住吉郡の百姓ら、新川反対の願いを出す。(乍恐謹而言上)  
  元禄16.10.28  幕府、大和川改修の命を出し、本多忠国を助役、因幡重秀を堤奉行に任ずる。  
  元禄16.12.  付替反対は江戸直訴を決定。  
1704  元禄17.1.15  新川筋村々の代表、直訴のため江戸へ赴くが萩原重秀に叱責恫喝される。
江戸へきていた大坂代官久下重秀のとりなしで無事おさまる。  
  元禄17.1.  万年長十郎、新川筋の代表を召出し、大和川付替決定を申し渡す。  
  元禄17.1.  大久保忠香・伏見為信・万年長十朗・本多忠国と喜連村で会議、新川全長7920間
両堤防の幅100間、悪水井路は4100間、川辺以東は公儀普請場、以西は御手伝大名普請場等工事全般について詳細決定。  
  元禄17.2.13  柏原で大和川付替工事の起工式。 15日、工事着工。 
  元禄17.2.  喜連村に普請奉行大久保忠香・伏見為信と万年長十朗の普請役所を置く。 
  元禄17.2. 杭内(新川予定地)の家に立ち退きを田畑の放棄を命ずる。  
1704  宝永1.3.21  御手伝普請担当の姫路藩主本多忠国が急死。工事頓挫。  
  宝永1.4.1  幕府、岸和田・三田・明石・高取・柏原の各藩に御手伝普請を命じる。  
  宝永1.5.  了意川(平野川)筋の新樋が伏せられ、青地・井手口樋組が結成される。築留にも樋が伏せられ築留樋組が結成される。   
  宝永1.8.  大和橋の架橋を命じる。
  宝永1.10.13  大和川付替工事全区間完成。 
  宝永1.11.  中甚兵衛に名字帯刀を許す。 
「御徒方万年記」に見る延宝2年寅年洪水大坂市中の様子 
甲寅(きのえとら)六月の所謂『寅年洪水』は攝河泉のみならず九州、中国、四国、近畿、東海、関東地方にかけて大雨・洪水が襲い甚大な被害を及ぼしています。「御徒方(おかちかた)萬年記」に見られる様な惨状が攝河泉の三国のみならず全国的に及んだようです。御徒組は幕臣の中でも下級の武士で御徒方とはその部局名で「御徒方万年記」は慶長8年より安政4年までの江戸時代の主な出来事を編年体記録で収めた書物で史料的価値が高い一級の歴史書といわれる書物です。
 
注 淀川=現在の大川。 夜九ッ=0時。 河内国仁和寺堤=現寝屋川市仁和寺の淀川堤防  七ッ=午前4時。 
   福嶋=現大阪市福島区。 天満源八之渡し=現大阪市都島区桜の宮、現源八橋の所にあった渡船。   
   茶船=大型廻船の貨物の運送に用いた小船。 
大和川付替促進派の訴状 
川違促進派「乍恐口上書を以言上」①  川違促進派「乍恐御訴訟」 
「乍恐口上書を以言上」③  「乍恐口上書を以言上」
乍恐御訴訟では水所十五万石余の百姓の御願いとして大和川の土砂で深野池・新開池や大和川水系の河川が悉く埋まり水害で年に何度か居宅まで浸水し困窮している様子を訴え早急に川違(付替)を訴えています。
乍恐口上書を以言上では川違(付替)は早急に実施される見込みなしと見て当面の緊急課題である法善寺前の二重堤の復元、新開池の嶋中の掘抜、稲田観音前の中堤と楠根川の中堤の延長を訴えています。その中で新開池の嶋中の掘抜は自分たち百姓でやるので法善寺前の二重堤の復元と稲田観音前の中堤と楠根川の中堤の延長を公儀普請で至急取り掛かっていただきたいと嘆願しています。
大和川付替十七年前の訴えで、この年だけで「乍恐御訴訟」が三通、「堤切所之覚」、「乍恐御訴訟言上」「乍恐口上書以言上」と六通の訴訟嘆願が河内平野の五郡連名で提出されており、相次ぐ水害に苦しむ百姓達の「川違」の切実な願いが綴られています。
  「乍恐口上書を以言」 
大和川付替反対派の訴状 
付替反対派の代表的な訴状をあげると下記のものになります。
 (1676)延宝四年  「乍恐言上仕候」
 (1683)天和三年  「乍恐御訴訟申上候」
 (1703)元禄十六年 「乍恐川違迷惑之御訴訟」 上記に掲載
河内国志紀郡11ヶ村・丹北郡14ヶ村・住吉郡7ヶ村の32ヶ村で次の様に具体的な訴求をあげています。
◆川違されると新川筋になる百姓は渇命し流浪する者が出る。
  [渇命=飢えや渇きのために命が危なくなること。]
◆河内国は南高北低の地形で河川は南から北へ流れるのが自然それに反して新川は横川になる。
◆柏原・舟橋の両村から東除川迄の1里半(5.9㎞)は、地形が次第に高くなるので東除川の川床は柏原・舟橋の地面より1丈余(3m)も高くなり、この間に多くの悪水路や小川があり大雨になると、これらの井路川が溢水して田地へ流入し、新川に流れを塞き止められ多くの水損場が出来る。
◆狭山東除川から西除川にかけても地形がしだいに高くなっており、西除川に多くの悪水が落ちており新川が出来れば南西の地域が4~5
万石も水損場となり、13ヶ村が水底となり住むことも出来ず迷惑なこ
とです。
◆新川を作るには地盤の堅い台地上にある瓜破・山之内・杉本の村内で3.8㎞程も2丈余(6m余)の掘削が
必要ですが、ここは岩石の地盤故莫大な掘削費がかかる上、失敗の恐れもあり其の上掘削土の捨て場として本田が潰されます。
◆古川はは勾配が緩く流路が長いので水の当たりが弱く、堤防を損ねませんが、新川は横川であり、流路が短いので水の当たりが強くなり堤防を損ないます。
◆新川から北側の村々は狭山池用水と南部地域の悪水によって田地を養っていますが、新川の川床が2丈(6m)も低いので用水が取れなくなり旱損に遇うことになります。
◆寅卯の洪水(延宝2年と3年の洪水)によって川下の百姓が迷惑を受けたと聞いておりますが、あれは古今稀なる大洪水であり、大和川以外の河川でも多くの破堤被害が出ています。堤防の補強には川浚えを行い堤の外側に腹付けをし、堤防を高くすることで洪水は防げます。万一川違えされて新川の堤防が破堤すると田地のみならず人命にも多大な被害が出て新川筋の村々にとって川違えは迷惑なことです。
◆この他にも新川筋に旱損が出来る。柏原から住吉手水橋までの間の6街道が分断される。付替嘆願派のいう様に川違により多くの新田は出来ない。
しかし元禄十六年の「乍恐川違迷惑之御訴訟」は取り上げてもらえず若年寄稲垣対馬守重富から勘定奉行へ申し出るよう言われ萩原重秀に嘆願したが「川違が迷惑であるという訴訟は、取上げない。もし問い合わせがある時には申出よ」といわれ訴訟・嘆願書は返却される。困惑した新川筋の村々は幕府に直訴するため代表が江戸へ下る事にした。宝永元年正月十五日に一行は大坂を立った。幕府では既に前年十月に「川違」を決定していたが発表を伏せており反対派代表が直訴のため江戸へ出立つした後の一月十八日に新川筋村々の代表を召出し「川違」決定を告げる。江戸直訴の一行は東海道袋井宿で大坂へ行く大目付大久保甚兵衛・目付伏見主水と行き違う、江戸直訴の一行はこれで「川違決行」の事情を察知したが江戸へ下り勘定奉行所に訴えでたが萩原重秀の怒りをかい叱責される。江戸滞在中の上方代官久下作左衛門の「川違は決定済みだから潰地の代替地を願うように」との取りなしで、なんとか無事に江戸を離れ大坂へ帰れた。(1703)元禄十六年暮の緊迫した情勢が城連寺村記録に次のように残っている。
『川違の風説、昼夜川筋になるべき村々評定仕り、あるいは悲しみ、あるいは嘆き、日数百日ばかり、ゆるりと休申もの一人もこれなく、老人・妻子は渡世も仕りましく候、申正月(宝永元年)はいつの節季よりも心苦しく暮らし、ありがたしと初春祝う者これ無く、あるいは上を恨み、下は河内願人(旧大和川筋村々)を恨みに存じ、昼夜の騒動古今ためしこれ無きこと、筆紙に尽くし難きことに候』
 「悪水とは」 
水利関係の古文書には「悪水」という言葉が頻繁に出てきますがこの「悪水」とは一体どの様な水を指すのでしょうか?  辞書に見る悪水=飲用・灌漑などに適さない水。汚水。水田や畑からの排水、あるいは排水できずに作物の生育に害を為す水とあります。屎尿は肥料として売買されているので河川に垂れ流すことは無かったようです。どうも悪水の定義というものは存在しなかったようです。それぞれの地域により
「悪水」の持つ意味が若干異なっているようです。例えば河内国丹北郡・攝津国住吉郡の場合は灌漑用水は河内丘陵上の狭山池(標高80m)用水に頼っており用水井路の下流にあたる住吉郡の村々では取決められた用水の確保も難しく悪水井路川であるはさみ川・今川・駒川も貴重な用水路として利用しています。淀川左岸の低湿地(淀川と寝屋川に挟まれた)では淀川が取水源で用水には事欠かないが、不要になった悪水の排出と淀川の水害に悩まされる為(1586)天正十四年に鯰江川が掘削される。また、深野池と新開池の周辺の河内平野の低湿地では大和川付替に関係無く悪水排出に悩まされた上に大和川水系河川の洪水に苦しんだ。北河内と南河内では「悪水」に対する認識が全く異なり、北河内では低湿地であるが故に何時までも滞留する悪水の排除に苦しみ、南河内では地形に沿って順調に排出されるが上流側からの排水(悪水)は下流側では用水として再利用されるのが通常であった。
(1744)延享元年、若江郡箕輪村明細帳には「当村にハ水車大五輛・小車二十五輛御座候是ハ中水満水之節、悪水を踏出シ防候のため拵置候尤百姓自分物入ニ而御座候御事」[大きな踏車が五台、小さな踏車二十五台を所有、是で悪水を排除している]と記されています。 
 
踏車 近年まで使われていた。  龍骨車 左のハンドル棒を手で回す。 
新開池北の茨田郡新田村の(1722)享保七年明細帳によると村では用水取水に「龍骨車四十八挺」、悪水の排出に「踏車十五挺」を使用したと記されている。そして(1764)宝暦十四年の明細帳には「踏車ニ而悪水踏出シ申候得共、今福村ニ有之候元樋明キ候迄ハ踏出シ申事成リ不申候」と記されており下流村の樋門が開いている時でないと悪水の排水は出来なかった。灌漑用水の確保は川上の村ほど有利であったが、悪水の排水は川下の村が有利であった。 

左図付替促進派と反対派の郡域(1703元禄16年)

反対派の郡域
河内国志紀郡が11ヶ村・丹北郡が14ヶ村・
攝津国住吉郡が7ヶ村   32ヶ村(約2.3万余石)
促進派の郡域
河内国河内、若江、讃良、茨田、高安、大県、渋川と攝津国東成郡の8郡 270ヶ村(約17万石)


大和川付替による潰地と開発新田の面積比較
  面積 (畝)  収穫高比較
潰地面積  27.462.29  -3.710
開発新田面積  116.834.10  +10.953
差 引  2.445.655  +7.243
付替工事の決定 
明暦以来五十年にも及ぶ大和川付替運動で幕府も河内平野の洪水防止策としての大和川付替の必要性は
認識したものの莫大な費用と前代未聞の大規模な河川の付替工事の成功率の不安等から中々踏み切れずにいたが河村瑞賢の淀川河口の整備工事における町人請負新田開発が幕府に増収をもたらしたことから中甚兵衛の緻密な付替企画に賛同した堤奉行の万年長十郎が付替による大和川の古川底や新開池、深野池等を新田にすると1.028町3反8畝余が得られ、大阪城金蔵から出金される37.500両の工事費は新田開発を希望者に入札させればその売却代金で充分回収でき、。新田は検地の上、毎年課税対象になり幕府の税収が増えることになる。また、新川予定地では潰れ地が出来るが、代替地を与えることで納得させると幕閣の説得に当たった結果幕府でも大和川の付替を決断する。
(1703)元禄十六年十月二十八日に江戸評定所において「大和川川違の令」が出され『こたび大和川修治あれば、本多中務大輔忠国助役仰付られ、少老稲垣対馬守重富かねてその地理熟知たれば、これを沙汰すべしと命ぜられ勘定奉行萩原重秀・中山出雲守時春同じく奉り目付大久保甚兵衛忠香、小姓組伏見主水為信その奉行を仰付らる(徳川実紀)』手伝大名として播州姫路藩主(15万石)本多中務大輔忠国が指名される。しかしこの付替決定は伏せられ翌年一月十八日に万年長十郎が江戸より帰り新川予定筋の代表を召出した席上において付替決定を申渡し農作物の収穫等あれば即刻作業にかかること。潰地となる農地については代替地を与える、付替に迷惑を申し立てる者には付替作業の雇用はせず代替農地も与えない旨を申渡す。  
この幕府の付替決断には年毎の洪水に困窮する百姓達の嘆願だけではなく、幕府の財政窮乏が大きく関わっている。当時の幕府収入源は天領地からの年貢収入・金、銀、銅鉱山からの採取鉱物は先代からの遺産であるが徳川将軍も五代綱吉の時代になると先代からの遺産も底をつき年貢と鉱山収入で年80万両ほどであったという。それに対して支出は170万両といわれ(1695)元禄八年の徳川実紀には『金改鋳の事仰出され阿部豊後守正邦、少老加藤佐渡守明英その事を惣督し勘定吟味役萩原彦次郎重秀これを司り…』と記しており財政再建のため貨幣の改鋳が行われた。こうした事情から幕府にとっては洪水毎に復旧工事に出費するより付替て企画通りに新田開発権の入札で幕府出費がゼロになり、開発された新田が年貢収入で今後の幕府の財政収入に寄与するならとの思いがあった事も充分考えられる。
余談になりますが勘定奉行の萩原重秀と万年長十郎は幕府の役職に就いたのは共に(1674)延宝二年でこの年に勘定衆として出仕しています。録高も萩原家は録高200俵、万年家は知行40石禄米100俵で共に下級旗本の出身で同輩勘定衆としてスタ-トしていることから両者はかなり親密な関係にあったのではないかと思われます。萩原重秀は延宝検地で頭角をあらわし(1683)天和三年に勘定組頭となり、その後も順調に昇進を続け(1696)元禄九年に勘定奉行知行2000石、近江守に叙任と異例の出世を遂げます。万年長十郎は地方廻り代官として関東の椿海(つばきのうみ)の干拓による新田開発事業に関わっています。この時の体験が大和川付替にいかされ中甚兵衛の緻密な付替計画に賛同、代官兼堤奉行の万年が幕府勘定奉行の荻原を通して幕閣に働きかけ大和川付替が決定されたと推察されます。付替後中甚兵衛には名字帯刀が、普請奉行の大久保忠香・伏見主水の両者には金と時服を賜り大久保忠香は大坂西町奉行に任じられ従五位、大隅守を賜るという厚遇に接しています。一方実質的な総監督として付替事業に貢献した万年長十郎に対する恩賞は一切記録になく引続き大坂代官として勤め(1713)正徳三年関東の御用掛代官となり正徳五年三月に享年六十九歳で亡くなっています。一方萩原重秀は(1695)元禄九年に勘定奉行知行二千石、近江守と異例の出世をし、幕府の財政再建に辣腕を振るい貨幣改鋳などを行い幕府財政再建に寄与したが貨幣改鋳にあたり銀座商人から二十六万両もの賄賂を受け、幕府工事の入札に収賄していたりしていると新井白石から弾効を受け(1712)正徳二年勘定奉行を罷免され翌年九月に死去享年五十六歳でした。
万年長十郎の人となりを知る史料があったので紹介しておきます。大和川付替の手伝い大名の丹波柏原藩
の記録によると宝永元年六月二八日、江戸城において藩主織田信休が普請御手伝役を命じられ国元に奉書が届いたのが翌月十二日で、国元ではすぐさま二名を見分のため河内の御普請所に派遣し、十四日に瀧三郎兵衛を「河州御普請所御奉行衆江使者」として現地へ派遣。このとき彼は普請奉行と大坂代官万年長十郎へ祝儀物を届けることと、御普請所の様子を聞いてくる事が任務であった。祝儀物として大久保甚兵衛
伏見主水へはそれぞれ「御肴代百疋」と「御樽代五百疋包熨斗」、万年長十郎へは「御樽代三百疋包熨斗」を差し出したが、いずれも受納を断られている。付替普請完了後の十二月二十六日に大久保甚兵衛・伏見主水
へ「寒気御見舞」の名目で小袖と鮮魚一種を送り受納されている。このとき万年長十郎へ御祝儀として送った「御樽代」については柏原藩の生駒主水に返却されている。以上柏原藩御用部屋日記より
 ※ 関東御用掛代官とは関東周辺の農政を担当し、新田開発や治水灌漑を掌る職。
付替工事の施工内容
柏原築留の付替地点から海岸に至る新大和川の開鑿。 
全長  131町(7.860間、14.3㎞)   川幅100間(182m) 
堤防の構造 (川違新川普請大積りより) 
 左岸側 (南堤)  堤敷 12間半(22.7m)  高さ 2間半(4.5m)  馬踏 2間半(4.5m)
 右岸側 (北堤)  堤敷 15間 (27.3m)  高さ 3間 (5.5m)  馬踏 3間 (5.5m)
堤防が南北で異なるのは新川は横川であるために新川の地形が南高北低になっており流路が北側になり右岸に強い水勢があたるため。当時の流作場も左岸側に偏っています。下絵図・写真参照。
馬踏(ばふみ・まふみ)堤防の上部、人馬が通行するように平らになった部分。江戸期の『堤堰秘書』には「広く築きて、常に人馬を通し踏付けさせ、堤を堅め候事吉し。…満水の節、洩水・湧水・越水等之れ生る時、之れを防ぐべき質を兼ね、料簡せしむべし」と記されています。
 築堤の内容 
これは工事中の見積もりで一部見積もりル-トから変更された区間が有り実際の数字とは違います。また、河川の掘削は川幅100間にわたって均一に掘削されたものではなく、中央部の50間が流路として0.5~1間の深さで掘削されたといわれています。また、左右の築堤のみで河川流路の掘削は一部のみであるという説もあります。
   掘削部  掘削部(比率)  盛土部  盛り土部(比率)  合計
 延長  3025間(5.5㎞)  38%  4840間(8.8㎞)  62%  7865間(14.3㎞)
 土量  133万㎥  52% 121万㎥   48%  254万㎥
 作業員  147万人  57%  98万人  47‰  245万人
付替反対派の意見に対する措置として新川によって左岸地域の排水状況悪化の解決策として新川に 平行して悪水井路(落堀川、片側堤)を開削する。
舟橋村から浅香山谷口まで全長121町(13.2㎞)、幅15間(27.3m)、水深1間(1.8m)
 新川右岸の水源遮断による渇水対策として用水樋の設置
新川の堤防に用水取水のための右岸側に39ヶ所、左岸側に23ヶ所の用水樋を伏せる。
 舟運の水路確保に十三間川の延伸
十三間川は津守新田(元禄期)が開発されたときに用排水路として新田から木津川まで幅十三間の水路が 開削された。これを新大和川まで延伸して旧大和川で運航していた剣先船を十三間川を通して運航す  ることにした。 
 新川と直交する東、西除川について
東除川は新川・落堀川と直交するが新川の南に落堀川が開削されているため落堀川に流入させるべきなのですが落堀川の規模では東除川を流入させると降雨時に溢水の危険があるため大堀村の西で落堀川の上に2間(3.6m)四方の石樋を架け直接新川に流入させます。
西除川もやはり新川と直交する形に成るが高低差の為新川に流入できず高木村の北で流路を北西に付替えられ浅香山谷口で新川へ流入させる。 
(1704)元禄十七年二月十六日には住吉郡喜連村に付替の普請役所を設置して普請奉行と万年長十郎、中甚兵衛らが詰める。万年長十郎に対して人足二人と馬が与えられる。 二月十三日に柏原の付替地点に於いて工事起工式を行い二月二十七日工事は下流から開始されています。
三月十三日、前年十一月の元禄地震による改元があり元号が宝永と改まる。
姫路藩の工事が河口から遠里小野村までの10町程進んだ三月二十一日に藩主の本多忠国が死去し工事は中断します。幕府は四月一日姫路藩に替わる御手伝大名を次の三藩に命じます。
      和泉国岸和田藩主 岡部美濃守長泰 五万三千石
      攝津国三田藩主 九鬼大和守隆方 三万六千石
      播磨国明石藩主 松平左兵衛直常 六万石
姫路藩の石高十五万石、新たに決まった三藩合わせて十四万九千石、幕府はこの手伝普請は十五万石相当の大名の手伝普請と見ていた様です。姫路藩が着工した10間を除いて残りの4140間(7.5㎞)を1380間(2.5㎞)づつに分割して三藩に割り振っています。姫路藩主の死去により姫路藩が工事から撤退した後
急遽あとの手伝大名が四月一日に決まって江戸城において各藩に申し渡されています。姫路藩主の死去が三月二十三日であり、この知らせが江戸に届くのに4~5日を要すると思われるところから、姫路藩主の病気情報は早くから幕府も把握しており万一の場合の後任手伝い大名の人選も決まっていたのではと思われるような手際のよさである。工事は四月末に再開され六月二十八日に付帯工事と姫路藩の残工事を行うため次の二藩がさらに指名されています。
      大和国高取藩主 植村右衛門家敬 二万五千石
      丹波国柏原藩主 織田山城守信休 二万石
工事区間 区間全長  工事責任者
舟橋村~川辺村領  52町 3.120間 (5.7㎞)  大久保甚兵衛忠香(江戸目付 1200石)
 伏見主水為信  (江戸小姓組1.500石)
 万年長十郎   (大坂代官・堤奉行)
川辺村領~城連寺村領  23町 1.380間 (2.5㎞)   岡部美濃守長泰 (泉州岸和田藩主 5.3万石) 
城連寺村領~庭井村領  23町 1.380間 (2.5㎞)   九鬼大和守隆方 (攝州三田藩主 3.6万石) 
庭井村領~浅香山谷口  23町 1.380間 (2.5㎞)  松平左兵衛直常 (播州明石藩主 6.0万石) 
浅香山谷口~安立町  10町  600間 (1.1㎞) 本多中務大輔忠国(播州姫路藩主 15.0万石) 
浅香山谷浚・総堤芝伏
川上堀切~川下海辺 
狭山西除川切違
城連寺村水除堤
十三間堀川延長
 
131町 7.860間 (14.3㎞)
植村右衛門家敬 (和州高取藩主 2.5万石)
織田山城守信休 (丹波柏原藩主 2.0万石) 

付替工事費用概算見積
(宝永元年8月)
  工事区間   金換算(両)  銀(貫目)
1   舟橋村領~川辺村領  12.933余  776余
2   川辺村領~城連寺村領 (手伝い大名3家)   (手伝い大名3家)
3   城連寺村領~庭井村領  60.596余 3.635.8余
 庭井村領~浅香山谷口    
5   浅香山谷口~安立町  1.766余  106
5   浅香山谷口浚  1.000  60
   川上堀初~川下海辺  131町(7800間)   2.000 120
 付帯工事 狭山西除川切違・大乗川切違
城連寺村水除堤・十三間川延長 
 880余  52.8
 合計   79.175余  4.750.6余 
※ 江戸では金取引に対して大坂では銀取引が行われていました。
各見積もりの資料は現存していますが見積もりに対して実際に要した費用や築堤の掘削・盛土の変更で変わった数字等の明細が現存せず見積もりとの差異は不明です。
新川により村域が分断された村 
河内国 大井、若林、川辺、東瓜破、西瓜破の各村
攝津国 枯木、遠里小野、七道の各村
姫路藩が川下から工事をはじめて間もなく藩主の死去により工事から撤退した時、幕府に引継がれた「川違新川舟橋村前より海迠百三十一町之間地形高下之叓」が有り(図の作者は中甚兵衛か?)、新川全区間の縦断面図で付替地点の大和川川底から6.27尺(1間強)下を基準点にして新川の計画川底線が引かれています。新川がどの様な地形の高低差をたどって開削されたのかを現在の地形図で推定されたのが上左図です。
(大和川付替と流域環境の変遷より)
新川には瓜破台地、上町台地の凸部と、舟橋村から瓜破台地手前まで、瓜破台地と上町台地の間、上町台地の下から海岸線までの凹部があり、瓜破台地では台地最高点の両側で堤防の天端まで盛土が必要であった。上町台地では約1650間(3㎞)の間が堤防天端線まで掘削する必要があった。舟橋村の付替地点から瓜破台地までの区間と瓜破台地と上町台地の間の低地・浅香山谷口から海岸線までは盛土が行われています。
上大和川筋図鑑、川辺村から油上村までの絵図。太い黒線が築堤箇所、細い黒線が瓜破台地の掘削区間
この図鑑の作成年代は不明ですが東除川が新大和川に流入しているので(1716)享保元年六月以前に作成されたと思われます。城連寺村の流作場についても三町二畝十五歩高十五石一斗二升五合が伝右衛門請所。
三町四畝七歩高十五石二斗一升二合が城連寺村の流作場と記されています。その他南北堤の取水樋についても寸法、長さ等の詳細が記されています。
浅香山稲荷神社、社前の石灯籠が大坂町奉行大久保忠香寄進のもの。
大和川が浅香山で不自然に大きく南へ湾曲する箇所を「浅香の千両曲(まがり)」といわれています。ここは
前堀村から直線に杉本・山之内・遠里小野と掘鑿すれば10町余は短くて済むのですが湾曲する東側に依羅池(よさみいけ)があり池から流れる水路が浅香山の谷を開鑿して浅香谷が造られていたのを新川に利用して、さらに狭間川も合わせて浅香山谷口で大きく迂回した新川に合流させています。浅香谷という凹地を利用して掘鑿を最小限度に押さえるためと出来うる限り潰地を最小限に抑えたいという反対派への配慮や西除川の合流のための曲流であった様です。しかしこの上町台地の洪積層の掘鑿が予想以上の困難な作業であり、狐塚などもあり作業の難航の原因が狐の祟り等の流言飛語が人夫の間に広がり作業の進行が遅れたこともあり普請奉行の大久保甚兵衛忠香が狐塚の所に稲荷神社を建立して狐祟りの流言飛語を押さえたそうです。この話が後世に「狐の祟りで狐塚を避けて川を迂回させ工費が千両余分にかかった」といわれ「浅香の千両曲」と巷間に言われるようになったそうです。
上左地図は現在の浅香山地域でA~Bが元禄期の浅香谷。Bの先が浅香山谷口、付替当時の西除川の大和川への流入地点。①依羅池(よさみいけ)・②今池・③庭井村、依羅神社・④苅田村・⑤杉本村・⑥我孫子村・⑦住吉川(細川)・⑧城連寺村 (地図松原市史より一部加筆) 
右は現在地図 常盤町からJR浅香駅までの水路が左図A~Bの西除川の浅香谷水路ですが現在阪神高速大和川線の工事中で西除川の水路は止められており常盤町の水路で大和川へ流入させています。
依羅池(よさみいけ)
依羅池は崇神天皇62年と推古天皇15年に「依網池を造る」記述が有りますが実際の築造年代は不明。古代には依羅屯倉(よさみのみやけ)も設置されたといわれます。また、池名の由来はこの地の豪族、依羅吾彦
(よさみのあびこ)
に由来するといわれています。また、味右衛門池とも呼ばれていたようです。近世の依羅池は西除川から引水されていたが大和川の付替で池の真ん中を新川が縦断し池の両側は残りましたが新川の川底が池より深くなったため新川からの取水も出来ず、灌漑用の溜池としての使命を終え新川の南北に残った池は新田開発されています。
左図 依羅池を大和川が縦断図 悪水排除筋(落堀川) 除川筋(西除川)。 中 依羅池跡碑。 右 大依羅神社。
上図は堺市博物館所蔵の『大和川筋図鑑』で作成年月は不明ですが、この図には大和川付替区間全域
の詳細な情報が記されているので幕府の河川管轄役所の公文書であったと思われます。上図左端の黒線は築堤された堤防です。この区間は上町台地を開鑿したため築堤の必要のない区間なので堤防を示す黒線は描かれていません。右下の黒線の箇所は台地を開鑿した土砂を捨てた所で次の様に記されています。
字北開土捨堤国役此堤長六十二間(太い黒線)。字北開此岸六十二間高六間(下細黒線)字北開土捨堤此堤長四十間・
付替られた西除川の新川への流入地点・この辺りの川幅八十五間~八十間と記され、その前後は規定通りの百間です。
浅香山稲荷社。横に悪水井路と記され、字北開此川岸長二十七間高三間。字下ハサマ国役此堤長四十間、大豆塚(まめづか)村領萬屋新田請所。 この区間を歩いて見たのが下の写真です。 
ここ吾彦(あびこ)大橋下流が上町台地の掘削箇所になる。
この辺は大和川図卷にある右岸の少し土盛りした箇所です。

現在の西除川はここ堺市常盤町で大和川に流入している。
図巻の堤防細線辺りで旧杉本村辺りになれます。
上写真より西へ200mほど行くと中写真の様に掘削面が随分高くなり川面から台地上まで10数mはあろうかと思います。
対岸の旧大豆塚村(まめづかむら)付近図巻では台地掘削地で堤防は描かれていませんが現在はJR阪和線の大和川橋梁まで堤防があります。
右岸で台地上に建つ民家、斜面には草がぼうぼうで土質は不明。
付替当時の西除川が新川に合流した地点で狭間川が後方の高層住宅付近で西除川へ流入していた。
旧山之内村領内
(現住吉区山之内4)
台地上に建つ民家。図巻によると川より村江八町程とあるので付替当時の川岸は農地か?
旧山之内村領
(現住吉区遠里小野3)付近の右岸。
台地の谷跡で流路が存在した跡か?川沿いからは随分入り込んでいる。
谷の流路跡らしき処には大和川に面して排水口があるので流路は暗渠化されいるらしい。
図巻ではこの付近川幅80間と記され尤も狭い所
萬屋新田流作場で現在木立がある公園辺りから川下にかけてが台地掘削で出た土捨堤102間
(185m)であった所。  
旧山之内村領
(現住吉区遠里小野3)
付近の右岸。
前方は南海高野線、電車の線路敷きは上町台地の西端で線路の西側は急激に下がっています。
右岸一面に土砂が堆積しています。現在では対岸の萬屋新田の流作場跡は跡形も無くなっています。 
南海高野線の線路を越えるとここから下流には再び堤防が出現します。線路の西は上町台地の崖下になり往古の海岸線になります。
堤防上には明治2年の洪水犠牲者の慰霊碑と流されてきた地蔵尊をお祀りしています。 
(1869)明治2年洪水の犠牲者の慰霊碑。
現代の大和橋 付替当時は橋のすぐ先辺りが海岸だったのが現代では大和橋から河口まで4.6㎞あります。 
付替の付帯工事 
 落堀川の開鑿 
付替反対派の訴状に『河内国は南が高い地形なので、大小の河川は全て南から北へと自然に流れているのに新川は地形にそぐわない横川で、しかも柏原村・舟橋村から東除川までは西へ行くにしたがい高くなり、その間には南の山からの悪水や小川がいくつも流れ、大雨が降ると水が溢れて田畑一面がつかり、人馬も通れなくなるというようなことが年に二,三度はある。そのような所に新川が出来れば、さらに多くの土地が水損場となってしまう。』とあり左岸側の北流する川と大小の井路が新川により遮断されるため、これの解決策として舟橋村より浅香山谷口まで延長121町(13.2㎞)、幅16間(29.1m)の悪水落し堀を開鑿する、これが落堀川です。この落堀川を開鑿した土砂を大和川左岸堤防築堤に使用しています。
 大乗川の切違え
付替前の大乗川は石川の自然堤防の西側後背湿地を流れ誉田御廟山古墳の西を北へ小山村付近で西北に流路を変え太田村と南木本村をおり了意川へ流入していた。付替後は落堀川への流入水量を減らすために大乗川を古市村で石川へ流入するように付替えられ落堀川への流入がなくなり同川への負荷が軽減された。
王水川は用水路として碓井村で石川から取水し大乗川なきあとの誉田から北部の村々にとっては重要な灌漑水路となっています。大水川は旧大乗川跡を流れ落堀川に注ぐ治水河川です。
上 古市から石川方向へ切替られた
  大乗川。
左図 大和川付替前と付替後の大乗川
   西木川・東除川の流路。 
上 前方の橋の少し先で石川へ入る大  乗川右の堤防は石川の堤防。
 東除川の改修
東除川は落堀川と合流させず『…右橋樋と申は狭山東除川筋大堀村領にて落堀川つき合候故、弐間四方石樋被仰付、落堀川の水は石樋をくぐり東除川は石樋上を大和川へ落込申候、依之此所川上・川下大切成場所故、廿九ヶ村立会被仰付、諸事年番相勤申候場所、如左 右橋樋、享保元年申年六月廿日川上舟橋村石川・大和川堤少上にて切込、其水橋樋へもたれ、六月廿日夜悉流失仕候に付…』と記した丹北郡城連寺村の享保二年の訴状があり、落堀川の上に2間四方の石樋が架けられ東除川の流れは直接新川へ落とされた様ですが、現存する(1723)享保8年の川辺村絵図に描かれている東除川を見ると2間四方(3.6m)の石樋では到底東除川の流水を通すことは不可能と思われ、また落堀川の幅15間(27.3m)に対してこの石樋というのは納得しがたいのですが、この石樋に関する史料はこの文書しかなく真相は不明です。
東除川が落堀川に合流東瓜破領で大和川へ  東除川が石樋で大和川へ流入していた箇所手前○印し 
東除川が落堀川へ流入後大和川へ合流している地点  東除川が2間四方の石樋で落堀川を越えていた地点 
舟橋村から東除川合流地点までの落堀川。   川幅が狭められた地域の落堀川 (旧城連寺村) 
※ 東除川石樋の謎(私見)
「弐間四方石樋被仰付、落堀川の水は石樋をくぐり、東除川は石樋上を大和川へ落込申候(城連寺村文書)」とありますが落堀川は川幅15間(27.3m)の川に2間(3.6m)四方の石樋を架けた記述は信じ難く、また、宝永元年当時の東除川の規模を知る史料はありませんが付替後の新川以北の東除川は用水井路として一部を残し井路の両側の河川敷を川辺村の潰地の代替地として与えています。この様な東除川が2間四方の石樋で新川へ流入出来たのでしょうか? この石樋は(1716)享保元年六月の洪水で流失し復元はされず落堀川へ流入させ落堀川は少し下流の東瓜破領で新川に流入させています。
左図の赤枠範囲を拡大したのが右図
大和川付替で廃川になった東除川は旧河道の中に用排水井路を設置その両側の河川敷は潰地になった川辺村に代替地として与えられた。付替前の東除川の川幅に関する記録はないが25~30m位と推定される。 
上絵図は(1861)文久元年の長原村絵図で赤枠部分を拡大したのが右図です。旧東除川筋の中に井路があり川辺村新田筋と記され井路の両側の河川敷が潰地の代替地として川辺村に与えられたもので、長原村竹渕村を縦断する形で旧東除川が平野川への合流地点まで続きます。大阪文化財研究所による発掘調査報告によると「長原4層段階で検出した河道(河道)は2段になっており、上段は幅21.5m、深さ0.5mで、下段は幅12.0m、深さ1.3mである。最深部はTP+9.4mで、現地表より約3.5m下にある。埋土はすべてシルト~亜円粒礫の水成層で、強い水流によるラミナ構造が顕著である。これらの段の上位にはさらに厚い砂層が全面に分布していることから、大和川付替以前の長原2層段階には川幅は約60mほどであったと推定できる」と記されており、この川辺新田の中央の井路は大和川付替で南からの狭山池水路を遮断された新川北部の村々が新川からの取水用水路とした八箇用水路ですが水路幅等に関する資料がなく不明です。
東除川石樋に関する古文書 
②  ① 
①~④「大堀村領橋樋懸り之訳」松原市史第五巻より
④  ③ 
 「大堀村領橋樋懸り之訳」④の絵図口絵参照の絵図。
(松原市史より)
 大和川図巻の東除川が新大和川への流入地点箇所
(大和川図巻より)
上の古文書「大堀村領橋樋懸り之訳」は日付部分が無く年月未詳ですが(1716)享保元年六月廿日の出水で流失した東除川の石樋の復旧の是非についての意見書であるから同年中に作成されたものと思われます。流失した石樋の復旧について大堀村より川上の十二ヶ村は流失前の石樋なら年々の維持費がいらないという理由で石樋の復元を主張し、川下の十六ヶ村は東除川と落堀川を合流させ新川へ流入させる案を主張した。理由は工事の出費が少なくて済むということだった。この件について堤奉行もいずれとも決し得ず享保二年に勘定頭伊勢伊勢守の実地見分で石樋の復元は予想以上に費用がかかる事がわかり東除川・落堀川を合流させ東瓜破領で新川へ切り落とす案に決定。東瓜破の切り落とし地点以西の落堀川の流量が少なくなるため堤奉行桜井孫兵衛は東瓜破村領から浅香谷口までの落堀川の川幅十六間を二間(3.6m)にして両側を新田開発することを幕府に進言して許可を得た。これに対して城連寺村は西を旧西除川の自然堤防北を新大和川の堤防に囲また上、不時の雨でも出水し田畑・住居も浸水し西と北が堤防でこの地域で尤も低い所に村落があり浸水すると水が引かず難儀している事情を堤奉行に陳情した結果、城連寺村領の落堀川の川幅を十七間(約31m)、西瓜破・枯木領は十六間(約29m)ということになった。
現在この区間は今井戸川と改名され松原市が管理しています。
 西除川の付替
西除川も東除川同様新川により流路が遮断されるため高木村の北で北西に「川違」され落堀川に入り浅香山
谷口で新川に合流させています。現在は堺市北区常盤町で西除川を大和川へ流入させているのは西除川の洪水対策のため、ここに捷水路(しょうすいろ)を設けたのです。現在常盤町以西の西除川を阪神高速大和川線の工事のため閉切り常盤町の捷水路で全水量を大和川に流入させています。
付替当時は西除川を新川に流入させるには新川の増水時に新川の水を西除川に逆流させないために新川が西除川より低い位置を選ぶ必要があり、また、上町台地を掘削した余分な土砂の捨て場に困り西除川が新川に流入する地点の西を土捨場にしています。
  ※ 捷水路(しょうすいろ)
蛇行する河川の屈曲部を直線的に連絡するために開削した人工水路。洪水防止や土地利用を目的として行われる。 (三省堂大辞林より)
上図のように落堀川を合流して浅香山谷口で新川に合流させた  左図西除川○印の高木村北の付替地点 
付替えられた西除川 堺市常盤町の西除川が大和川への流入地点 
付替当時にはここで西除川が新川に流入していました。流入直前に狭間川が西除川に流入しています。旧狭間川の源流は土地条件図で見ると堺市金岡町あたりに推定でき段丘の谷間を北西に流れ浅香山谷口へと続いており現在もほぼ
このル-トで延長2.3㎞ほどの治水一級河川です。西除川は浅香山谷口に至る手前で洪水処理のため常盤町に捷水路(しょうすいろ)が設けられたのが上写真の西除川放水路で(1985)昭和60年に完成したものですが現在浅香山谷口にいたる水路が工事中のため捷水路から大和川へ排水されています。
(1982)昭和57年8月の台風10号の豪雨で大和川左岸に洪水が発生し西除川流域も浸水被害を受け大阪府では「河川激甚災害対策特別緊急事業」 による河川改修工事を行い西除川下流を全面改修しています。
付替工事の完成
現在の大和橋  大和橋の由来説明板 
付替工事は上流が幕府直轄工事で普請奉行の指揮下で代官や手代が工事に携わっています。下流の手伝い大名の請負区域は各藩の家臣が工事に携わっています。しかし監督実務は万年長十郎、中甚兵衛が仕切ったものと思われます。この付替工事に要した人員は延べ245~250万人といわれていますが正確な記録はありません。この工事人夫の募集は幕府の命により新川沿いの有力農民が工事を請負い、大坂などの土木業者に下請けに出す方法がとられています。こうした方法で川底となった家屋や潰地となった農作物の補償を有力農民の請負利益で行ったのではないかと思われますが、これは私見です。
また、これだけの工事人夫が新川筋に集まり村々に宿泊するので公儀では村々の庄屋を集め、火の用心、喧嘩、口論、博打等治安維持に関する件を細かく指示して厳守するよう申渡しています。
一.此度、新川御普請に付、方々より日用人足大勢相集まり、各村に大分宿借り御座候に付、火の用心、   喧嘩、口論、博打其外諸事無御心亢被思召(ごむしんこうじおぼしめし)候に付、惣百姓不残被召出(のこらず   めしだし)御箇条之通り入念可申旨御渡慥(たし)かに承知仕候処実正に御座候。
一.日用人足並に請負人小頭等に相対を以て宿借申候はば、何人御座候共人々出処を相改、何人は何方の  者、何人は誰方より被賴候訳相改、或は五人三人に宿借し候ども毎晩横帳に記し庄屋方へ相渡し可候  事。
一.右之者共之類より金銀之儀は、不及申上大切之道具衣類等預り申間敷若相脊(もうすまじきもしあいそむき   )預り申候に紛失杯仕出候等罷成、御訴訟ヶ間敷儀申上間敷候事。
一.右之者共へ手前の金銀扶持方の儀は不及申上(もうしあげるにおよばず)衣類諸道具貸渡し申間敷候、若相  脊貸渡し以後紛失仕候共御訴訟申上間敷候。右御箇条之通御直に被仰渡手形仕差上げ申候上は少も相  脊不申急度相守可申候。若御奉行様御家来中へ慮外又は、無沙汰仕候はば、其本人の儀は不及申上、  五人組之者迄如何様の曲事にも可被仰付候其節一言之御訴訟申上間敷候為後日仍而如件。

(1704)元禄十七年九月に新大和川における唯一の大和橋の架橋が行われ、十月十三日に新川に切替え通水が行われて大和川付替工事が完成。二月二十七日の工事開始から二百二十四日後の(1704)宝永元年十月十三日に付替工事が完成しています。
  ( 三月十三日、前年十一月の元禄地震による改元があり元号が宝永と改まる。)
工具として鍬や鋤しか無く河内国志紀郡の柏原村と舟橋村の中間地点から攝津国住吉郡七道の河口まで131町(7.860間・14.3㎞)と落堀川等の付帯工事を含め約8ヶ月で完成とは、工事の大部分は、川を掘るのではなく、新川予定地の両岸の築堤が主体の工事とはいえ、鍬鋤が主な開削作業道具で土運びは「もっこ」で人海戦術である。当初姫路藩はこの付替工事に要する期間を三年と見積もっていたようなので当初の工事予定期間は三年を要すると幕府でも考えていたのだろう、それが姫路藩主の死で手伝大名を入れ替えた手際の良さとその後の突貫工事で実質7.5ヶ月足らず完成させている。そこまでこの工事を急がせた事情とは何だろう 五藩の手伝大名と延べながら二百四十五万人もの工事人夫を無駄なく使った手腕は見事というほかない
深野池と新開池跡を訪ねて 
深野池跡 
上左図 付替前の深野池、新開池と周辺集落、赤丸は
JR学研都市線の住道駅。右は現在地図に左図の集落名を入れました両池の規模推定の参考にして下さい
付替前の深野池には寝屋川・権現川・恩智川が流入していた。(1689)元禄二年に記された貝原益軒の
「南遊紀行」に「ふかうの池は、深野池とかくと云。本名は茨田池と云。池の広さ南北二里、東西一里、所
により東西半里許有。湖に似たり。其中に島あり。三ヶと云村有」と記されている。池の深さは三尺から五尺と浅く池の中には上左図の深野池図に三ヶ村と記された細長い島があり八十戸程の人家と田畑が少しあったという。この三ヶ村の名は現在も大東市三箇一丁目~六丁目までかなり広範囲に残っています。深野池は(1705)宝永二年から新田開発が始められ、本願寺難波別院が中心となり、各地からの開拓農民の参加によって進められています。深野池の開発新田は万年長十郎の見積もりでは二百八十一町歩でしたが(1721)享保六年の検地では三百十一町歩となっています。
深野池跡のある大東市北部から中部は低湿地のうえ、いくつもの河川が合流するため近年に至っても度々浸水被害が発生し、なかでも(1972)昭和47年・(1976)51年の水害では大東市内が広範囲にわたつて浸水しています。この水害の後、抜本的な治水策として旧深野池跡の水田を潰して寝屋川の水を引き入れ調整池として池を造ったのが現深野池で宝永元年の大和川付替時の深野池の一部が残ったものではありません。この寝屋川治水緑地の施設は洪水調節量130m/s、調節面積50.3ha、貯水容量146万m3
過去の貯水実績は下記の通り。
   平成1年9月  平成7年7月  平成11年8月  平成16年10月
 貯留量  94万m3  25万m3  92万m3  60.5万m3
 気象原因   台風22号  梅雨前線  梅雨前線  台風23号
左図 大和川付替後に深野池に開発された新田。

右上図 新開池に開発された新田。

右下図 元禄国絵図の深野池・新開池
深野池の新田開発で三箇村と深野新田の間に水路が掘削され北から南流してきた寝屋川と接続されこの水路は赤井村で西へ流れ太子田村、諸福村から新開池へと流れ深野川と呼ばれていた。新開池の開発で
深野川が延伸され徳庵川に接続され寝屋川に改称された。深野池と新開池周辺の河内平野は古代からの低湿地で大和川付替前も後も悪水の排出に悩み続けています。改善策として(1655)明暦元年に徳庵川が開削され徳庵悪水井路と呼ばれ深野池、新開池以南の排水河川となった。また、以北の北河内各村の悪水排出路としては鯰江川が(1686)天正十四年に開削されたといわれ近年まで存在したが現在は埋め立てられ道路となっています。
深野池 (北側)  深野池 (南側) 
早咲きの梅が満開 (深野池で)  釣る方が先か、鷺が取るほうが先か? (深野池にて) 
三箇菅原神社  水月院墓地 墓石が数基残るのみ
神社の前には六台の立派な地車庫がありました。  江戸期の風情が偲ばれる町の様子 
 三箇菅原神社社頭の由緒説明
祭神は菅原道真公 住道地区の氏神で(1679)延宝七年「三箇村検地帳」には「氏神天満宮」と記され、境内地十八歩の年貢が免除されています。また江戸中頃の「氏神天満宮」は梁間五尺五寸、桁行一間二尺の社殿をもち西の隣接地には曹洞宗宇治興聖寺末・水月院があり現在寺院は無くなっていますが墓石が残り神仏習合の面影を残しています。また当地は十六世紀半頃まで飯盛城の支城三箇城のあった所とされています。城主三箇殿は永禄五年キリシタンとなりサンチョと称す。この時以来三箇の名は異国文書に登場する。城の位置は諸説有り断定しがたい。以上の様な大東市教育委員会の説明が記されていました。 
下写真は旧深野池跡で大和川付替後に干拓された地域で干拓地の中の灌漑水路が今日の寝屋川ですが、現在はこの寝屋川も浚渫され流路も川筋の人家より下方になっていますが、洪水に備えて両岸は高いコンクリ-ト堤防になっており周辺地域も市街化されて、ここに住む人々もここが深野池で300年前の大和川付替で干拓された地であることを知る人も少ないのでは、また江戸後期の寝屋川は野崎参りの舟で賑わったといわれますが今の川筋からはそれすら想像するのも難しいですが、水質が思ったよりもよかったのが救いでした。 
旧深野池跡コンクリ-ト堤防が続く  コンクリ-ト堤防沿いの歩道右は車道 
寝屋川の橋梁目指して登ってくる車両  住宅地から川筋への坂道 
写真上左対岸に渡るにはこの階段を上がって橋を渡ります。右は4m近くあるコンクリ-ト堤防。 
上写真は大東市平野屋1(深野池南端)にあった平野屋新田会所で私が訪れたのは平成18年(2006)でしたが浮浪者が邸内に入込み失火で一部が焼失し、また所有者がバブルのおりに事業に失敗し銀行の抵当にいり既に売却され取壊しを待つのみということでした。この新田会所は18世紀初頭の建築で重文級の貴重な歴史建造物として地元でも保存運動が起こり大東市も業者と買取交渉を行いましたが金額面で折り合わず解体されましたが大東市のホ-ムペ-ジによると会所北西部の米蔵、道具蔵の基礎部分と予想以上に良好に残されていた船着場など、約476平方メートルを公有化しました。今後この貴重な歴史的遺産を整備し、後の世代に引き継いでいきたいと考えています。と記されています。この地域に残る新田会所は鴻池と平野屋のみでしたが今は鴻池新田会所が唯一の貴重な歴史遺産となりました。
JR住道駅前大橋  前方左寝屋川、右恩智川ここ住道で合流。 
太子田橋より上流を望む   諸福橋より下流を望む
古堤街道 赤井  古堤街道 太子田 古堤街道 諸福 
護岸壁沿いの道路  古堤街道沿いの古民家  古堤街道沿いの古民家  
上写真は深野池から新開池への深野川(現寝屋川)沿いの堤防道(通称古堤街道)で赤井村・太子田村・諸福村の村名がそのまま地名として残っています。寝屋川沿いには延々とコンクリ-ト堤防が続き歩行者は階段を登らなければ橋へ到達できず大変です。コンクリ-ト堤防と旧低湿地の間にはコンクリ-ト堤防沿いの道路と旧堤防道(古堤街道)があり堤防道の北側はかっての低湿地で池干拓後は農地であったのでしょうが今は見渡す限りの住宅地になっており井路が残っており下右写真の様に増水時の排水ポンプの設置も見られます。
上左から泉勝寺第17回 泉勝寺寄席の看板が出ていました。 中 弘化二乙巳年(1845)十二月樋門開鑿の碑。
上右 太子田(たいしでん)大神神社。
下左、中  勝福寺の羅漢像 本堂に135体の羅漢座像と16体の立像が安置されていますが(1885)明治18年の淀川左岸決壊による大洪水で多くの羅漢像が流失為たそうです。
右 諸福天満宮 諸福天満宮は(1644)寛永20年創建だそうで本殿は江戸初期の権現造り低湿地で洪水多発地のため神社は付近より高く盛土した所に鎮座している。
堤防道沿いの民家地下室付   太子田橋への階段 堤防道から見た井路と排水ポンプ 
   
勿入淵(ないりのふち)大東市諸福6に上写真の勿入淵址の碑と説明板がある。この写真は2005年に撮影したもので現在では説明板が金属製のものに替わっていますが内容はほぼ同一です。勿入淵とは新開池の古代の呼名であるようです。平安時代の清少納言や冷泉為伊(れいぜいためまさ)の歌にも詠まれています。この淵は古代の大和川の流砂堆積で川底が高くなり貯水が塞き止められてできた池で新開池の干拓後もこの付近は泥沼化した低湿地で蓮根の栽培が行われて「河内蓮根」として市場で品質の良さから高値で取引されていたようですが昭和30年代以降は北河内地域も都市化が進み現在では高級料亭向けに細々と生産されるのみだそうです。     
『南遊紀行』には「内助ヶ淵は大池なり、深野池の西南にあり、ふかうが池とは別也、方八町ばかり有、蓮多く、魚多し、三ケより漁人行きて採る」と記されています。「三ケ」とは深野池の三箇村のこと。新開池には東から深野川(寝屋川)、池の西端には菱江川が流入して西へ流れ楠根川を合わせて森河内村で南からの久宝寺川(長瀬川)をも合わせて京橋で東からの徳庵川(寝屋川)に合流し、さらに平野川、猫間川も合流して淀川(大川)へ合流していました。 
新開池跡
新開池も付替後池底は新田開発され開発前の見積もりでは二百町歩だったが(1721)享保六年の検地では二百十一町歩と記録されている。この開発新田の大半が豪商の所有となり最大の所有主は鴻池善右衛門の鴻池新田です。これらの新田開発で用排水路が三万間余も掘られたといわれていますが、現在では干拓農地は痕跡も無く住宅地になっています。新開池の開発された新田の大半が豪商の所有となり、なかでも有名なのは鴻池新田であり鴻池家の新田会所は江戸時代に鴻池家が開発した新田の管理・運営をおこなった施設で、江戸時代の古建築群と庭園、民具類を現代に伝える、貴重な歴史的建造物で重要文化財に指定されています、下の写真は鴻池新田会所。
上9枚の写真は鴻池新田会所 宝永元年の大和川付替で新開池が干拓され二百町歩余りの開発権利を、大和屋六兵衛・庄屋長兵衛が落札した。それを鴻池善右衛門が譲り受け、新田開発をおこないその田畑や水路・道路等の維持管理を行なうための事務所として建設されたのが、この新田会所です。現在北河内地域に残る唯一の会所で往時の面影を
よく残しており国の重要文化財に指定されていおり維持管理は東大阪市が行い一般公開されています。
古川が寝屋川に流入する地点の水門  徳庵橋 
徳庵橋より寝屋川下流を右の排出口は古川の水門  古川 
十六箇井路用排水事業完成記念碑 現在の徳庵橋付近の河川と井路川  
上左図は徳庵から京橋の河川・井路図。 右は新開池跡の排水井路・深野川・徳庵川の掘削年。
徳庵の八ヶ井路・五ヶ井路合流地点 左写真の合流地点、手前左で寝屋川へ 
上写真、徳庵の五箇井路、八ヶ井路の合流地点、ここから寝屋川に並行して今福まで掘削されたのが六郷井路。
 八ヶ井路
八ヶ井路の開削は(1661)寛文元年で新開池周辺の八ヶ村が干拓地に井路を掘ったのが始まりで、八ヶ井路と呼ばれていた後に吉原・箕輪・今米・中新開・新庄・本庄・三箇・灰塚等が参加して徳庵まで延長3.000間(5.5㎞)、幅10間(18m)が自普請で作られています。
六郷井路
六郷井路の「六郷」とは六郷荘に由来するという説もあるが、どの村を指すのかわからない。新開池の開発新田の排水路として(1708)宝永五年に徳庵川の南に徳庵から今福まで開削されたのが六郷井路で八ヶ井路の延長井路川。これまで新開池の西に集まっていた鴻池・三箇村・八ヶ村の悪水井路が六郷井路に接続され低湿地一帯の悪水滞留がなくなることになった。六郷井路は(1922)大正十一年の寝屋川改修工事で寝屋川と六郷井路との間の仕切り堤防が撤去され六郷井路は寝屋川に吸収され消滅しました。現在は八ヶ井路も六郷井路と呼ばれています。
 今津・放出悪水井路
六郷井路の南に所在する今津村・放出村も排水問題で悩んでおり(1710)宝永七年に六郷井路の南に並行して掘削されたのが「今津放出悪水井路」です。この悪水は伏越樋(ふせこしひ)により寝屋川を越えて鯰江川に排出されていましたが、(1840)天保十一年に寝屋川に排水樋門が作られ直接寝屋川への排水が可能となっています。
 
[※ 伏越樋(ふせこしひ) サイフォンの原理を応用し、川の下を潜って用水等を送るものです。]
 五箇井路

「五箇」とは鴻池新田・菱江村・加納村・水走村などをいう。当初は三ヶ村吉田・菱江・加納村であったが元禄の終り頃に水走・中野村が参加して、(1705)宝永5年に開削され(1732)享保十七年には組合井路として徳庵まで延長2.100間(3.8㎞)、幅5間(9.1m)の井路となった。
深野池の新田開発で三箇村と深野新田の境界に水路が新設され南からの寝屋川と合流し深野川となり徳庵川へ流入しています。
 徳庵川
(1655)明暦元年に新開池と菱江川の流水を分離するために新開池の西堤を切開き攝津国今福村まで1.380間(2.5㎞)の大井路が開削されたのが徳庵川で徳庵悪水井路ともいわれた様です。今福村の西隣の蒲生村で久宝寺川と合流し、この流路が後の寝屋川です。この大井路の開削で剣先船の着船場として徳庵が繁栄した様です。
正面左五箇井路・右六郷井路  明治18年の大洪水の石碑 
五箇井路(徳庵橋から東を望む)  六郷井路(徳庵橋から東を望む)  
五箇井路(鴻池地区)    六郷井路(鴻池地区)
 上写真3枚は昭和初期(年代不明)の井路川風景。下左から鴻池の四季彩々遊歩道、元井路跡?、中五箇井路(鴻池付近)、右五箇井路沿いの鴻池産土神社。
急速な都市化で農地が無くなり井路川も無用となりヘドロが溜まっている。 井路跡が遊歩道として整備されている
旧箕輪村は現在東大阪市古箕輪町で大和川付替前の新開池の南東端になります。新開池は菱江川と楠根川が流れ込んだ後東大阪市森河内で長瀬川につながる東西に細長い池です。貝原益軒は新開池について、「内助が淵(新開池の別称)は大池なり。-中略-方八町ばかり有。蓮多く、魚多し」と記しています。これらの池の水深は浅く、特に新開池は池内に井路が何本も設けられていたように、旧大和川筋の土砂堆積により陸地化が進んでいたようです。付替後新開池の大部分は鴻池新田となりました。
(東大阪市説明板より) 
上写真左が六郷井路(八ヶ井路)、写真右が五ヶ井路、両井路の始点・民家の屋根に鷺が飛来していましたが、この汚い井路川に餌になるものがあるのでしょうか? 下左は六郷井路と五箇井路の分岐箇所です
がこの汚さはなんとかならないものですか。
上左写真は古箕輪の復元舟着場で昭和初年まで舟運があり人や肥料を運んでいたそうです。当時は京橋や天満八軒家浜から徳庵まで剣先船が徳庵から箕輪まで井路舟が運航されていたそうです。ここから数十メ-トル先が上写真の両井路の分岐箇所です。
右は船着場の東隣にある井路川の石樋と古民家が残っていますが古民家は廃屋になっています。
吉原北遊歩道  式内 栗原神社  暗渠化された井路(吉原~今米間) 
上左 吉原北遊歩道で遊歩道下は暗渠化された旧井路で箕輪の石樋水門に繋がっています。中は式内栗原神社です、式内社であり古代から当地に鎮座しているならこの地は新開池の東南隅の陸地であったことになります。吉原から中新開に至る南北道路脇にある暗渠井路で途中東へおれ(下左写真)今米へと延びています。 
旧今米村と中甚兵衛屋敷跡 
今米から吉原・古箕輪へ続く井路   今米の町並 今米の建て売り住宅正面木立は川中家 
上写真の中と右は今米の現在です。今の今米は平成の町並みで、ここが中甚兵衛の居村であったことを想像させる古建築は川中家の主家のみで現在の今米の町並みからは昭和の面影さえも感じられず、平成の新興住宅街といった変わりようです。 
今米清證寺  今米春日神社  今米の町並 
中家屋敷跡 (川中邸から6~70m程北にある) 川中邸 
 
上左は川中家横にある東大阪市の「川中家と屋敷林」の説明板、右は(1915)大正四年に中甚兵衛に従五位が授与された記念に建立された碑で川中家の南隣の小公園にあります。ここは元今米春日神社の跡地で碑前の狛犬は神社の社前にあつたものだそうです。川中家から6~70米ほど北へ行った所に中家の屋敷跡の標柱があり、ここに今米村庄屋であった中家の屋敷が明治末年まで存在し東西二十五間、(45m)南北三十間(55m)あり石垣で囲われていたと記されています。この屋敷跡の標柱も注意しないと見落としてしまいそうです。川中家の主屋は明治九年に大修理されたと記されており今米に唯一現存する江戸期からの建物であり当時は現在よりも屋敷地も広かったと思われます。中家屋敷跡の説明にある屋敷地の敷地から推定すると中家と川中家は隣接していたと推定されます。因みに甚兵衛には二人の兄がおり長男、太郎兵衛(1635生/1700歿通称太兵衛)、次男、善右衛門(1637生/1698歿)この人は大坂夷(えびす)橋北詰の河内屋善兵衛方の養子となり河内屋善右衛門を名乗る。 三男が甚兵衛(1639生/1730歿)です。この河内屋善右衛門の子、三郎平(1696生/1748歿)が父の名を継ぎ善右衛門を名乗り大和川付替後の新田開発で吉田川跡の川中新田開発に乗り出し今米村に移住したのが川中家の始まりといわれています。長男、太郎兵衛も父の死後庄屋を継いだものと思われ大和川付替運動に奔走したのですが付替前に亡くなったのと甚兵衛の蔭に隠れて、その存在はあまり知られていないようです。また、川中家前の説明板(東大阪市製作)に「甚兵衛の生家とも伝えられている」と記されているため川中家と中家を混同しておられる方も多いようですが中甚兵衛の屋敷跡は上の写真にある所だそうです。なお、中甚兵衛の父の名を九兵衛とする説がありますが九兵衛は甚兵衛の子息の名で父の名は不詳だそうです。
付替後の新旧大和川流域の変遷 
旧大和川流域の変遷 
築留二番樋  築留三番樋  二番樋三番樋の取水合流地点 
大和川流域の村々は大和川の水を灌漑用水として利用していたが宝永元年の付替により水源を失う事になるので流域の村々は川違奉行に村々の連合組合を設立しこの組合で灌漑用水路の設置することを願い出て許可を得て廃川になった旧川跡に用水井路を設け柏原の築留に樋を伏せて水を引くことになる。これが築留の一番樋・二番樋・三番樋で一番樋は現JR高井田駅付近に設けられた古白坂樋から引かれた水路の水を築留用水に落とす為の樋です。この水路の水は恩智川にも利用されています。二番樋、三番樋は大和川から取水し築留の北方「落合(現上市2)」で両樋の水を合流させ八百二十二間(1.5㎞)の用水井路が市村新田の中を縦貫して二俣に達し、この分水井堰によって水流を東西の用水井路に分けています。東水道の旧玉櫛川筋と西水道の旧久宝寺川筋の流域農地の石高により分水し東水道(玉櫛川筋)は幅五間(9m)で百五十間(270m)北流し幅四間(7.2m)になり二千百七十三間(3.9㎞)で山本に達しこれより幅三間(5.4m)で旧菱江川流路を経て四百七十六間(860m)で荒本に至る水路です。
二俣(左玉櫛川・右長瀬川) 玉櫛川(二俣付近) 長瀬川(二俣付近)
西水道(久宝寺川筋)は二俣~安中まで幅六間(約11m)、一千三百七十八間(2.5㎞)で、これより三津まで幅五間(9m)、一千五百六十八間(2.8㎞)、これより幅四間(7.2m)、三千六百四十二間(6.6㎞)で森河内に至ります。この両水路の水懸かり村数は七十五ヶ村で一村又は数村が共同で合樋を伏せ自村領内に水を引き入れており、その合樋もその土地の水懸かり高により樋口を決めているので村毎に樋の大きさが異なり、この樋によって供給される水は農民にとっては命の次に大切なものであり、従ってこれにより激しい水論を引き起こすことも多くありました。旧大和川流域の村々は大和川付替により長年の宿願であった洪水の災厄から逃れたが、皮肉にも今度は水不足に悩まされることになります。因みに (1734)享保十九年八月の用水組合村々定証文によると東水道(玉櫛川筋)は一万三千三百九十二石四斗八升五合、西水道(久宝寺川筋)が三万四百七十二石六升七合でした。また、築留樋の普請、樋の伏替、修理、毎年三月の川浚えには割当ての人足と経費を拠出すること、これをはたさない村には合樋を掘出し送水を止める。組合村々から四十四名の年番を出し、六月、七月の渇水期には交替で用水の管理と水引人足の監督にあたること等が記されています。
(1710)宝永七年には恩智川筋用水組の上流の五ヶ村が下流の九ヶ村に水を流さないので下流の村々は困っていると築留樋組を奉行所へ訴えています。(1739)元文四年には太子堂村と下流の亀井村の間でも水争いが起き亀井村が代官所に訴えています。また、築留樋組と青地樋組も旱天時には、しばしば物議を起こしており、樋組同士の争議は、関係地域も広くなるので大変で訴えを受理した奉行所でも取り扱いに苦慮したそうです。(1806)文化三年十一月には築留樋組七十五村の内、下流の三十七ヶ村が上流の三十八ヶ村を訴えた訴状があるが長文のため一部のみを紹介します。
この訴えに対して奉行所がどの様な採決を下したのか判決文が残存せず、判りませんがこうした水争いは付替前の狭山池用水の配分においても数え切れない程起きていますが、下流の村々は増水時は水害に旱天時は干害に泣かされ何時も不利な立場になります。
付替後の旧川流域も新田開発で農地は増えたが灌漑用水は減少して夏場などには慢性的な水不足に悩まされ井戸灌漑等で凌いだり、米作より水の需要の少ない綿作に転換しています。 
旧大和川筋に出来た新田 
 旧川筋に出来た新田 新旧川筋の村々 
この大和付替事業で幕府が尤も期待したのは旧川床や池床に出来る開発新田であった。付替前の目論見では新田1028町余、石高10700石余を町人請負新田として地代金37125両以上を見込み、実際はこの目論見を上回る収益が幕府の懐に入ったとされる。これらの新田は、幕府に土地払い下げ料を上納して土地開発の特権を得た豪商・豪農・有力寺院が宝永三年から開墾にかかり、開墾の労役は開墾地付近の百姓や特権者の小作人を動員して開墾に当たり、以後三年間は鍬下免除で宝永五年頃に検地を受け納租の額を定められた。土地開発の特権者も幕府の土地払い下げ料が高額な上開墾費が予想以上にかかり予期したほど利益が上がらず手放す者が多かったようです。また、付け替え後は飛躍的に増えた農耕地のため旧川筋に設けられた用水井路では水量が不足し水不足に苦しむこととなり、井戸掘削による井戸灌漑に頼ることになります。
下表の旧大和川筋に開発された新田の面積・反別の数字は 面積では町以下、反別では石以下を四捨五入しています。
   国郡     新田名    面積   反別
 河内国志紀郡  市村新田   55町   484石 
         二俣新田   34町   302石
 攝津国東成郡  新喜多新田  27町   277石
         左専道新田  0.8町   6石
         布屋新田    3町   28石
 ★以上旧大和川本流
 河内国志紀郡  天王寺屋新田 14町   136石
 河内国渋川郡  安中新田   47町   470石
         顕証寺新田  1町    15石
         三津村新田  9町   97石
         金岡新田   21町   209石
         吉松新田   19町   190石
         菱屋西新田  21町   215石
 河内国若江郡  新喜多新田  29町   303石
         大信寺新田  5町    48石
 攝津国東成郡  深江新田   2町    12石
 ★以上久宝寺川(長瀬川)筋
 河内国若江郡  柏村新田   21町   207石
         山本新田   64町   648石
         玉井新田   17町   172石
         菱屋東新田  45町   456石
 河内国河内郡  川中新田   40町   387石   ★以上玉櫛川筋
 河内国若江郡  菱屋中新田  14町   151石
         長田新田   2町     13石
         御厨新田   10町   129石
 ★以上楠根川筋      
   国郡     新田名    面積   反別
 河内国河内郡  河内屋南新田  12町  139石
 河内国讃良郡  御供田新田   5町   52石
         深野南新田   62町  696石
         深野新田    97町  1092石
         深野北新田   58町   654石
         河内屋北新田  49町   560石
         三箇村新田   0.8町    9石
         尼ヶ崎新新田   8町    75石
         横山新田     3町   37石
         中村新田     5町   55石
         灰塚新田     4町   36石
         諸福村新田    7町   64石
 ★以上深野池
 河内国若江郡  鴻池新田    159町  1707石
         中新田      34町   374石
         橋本新田     7町   72石
         加納新田     1町    7石
         本庄村新田   0.6町    5石
         新庄村堤新田  0.8町    6石
 河内国茨田郡  三嶋新田(北)   12町   121石 
         三組新田     9町    92石
 ★以上新開池
新田の開発は、開発人が計画を立て幕府に藩領の場合は藩に地代金を払い認可を受けて開発にあたる。開発形態としては次の様な方法がある。
見立新田〓幕府の代官が適地を見立て新田開発を行う。 庄屋が適地を見立て新田開発を行うものもある。
土豪開発新田〓土地の有力者が主体になって開発する新田。
領主開発新田〓領主が主体になって開発する新田で開発地を決め農民を集め鍬下年季や種代などを貸与して開発する村請新田〓庄屋・村役人と村民が開発主体となりかいはつする。
町人請負新田〓豪商が新田開発の権利を請負って開発し開発後は小作人を雇い新田経営にあたる。
寺請新田〓有力寺院が開発主体になり新田の経営にあたる。 

 ※鍬下年季

江戸時代、新田畑を開発し,耕地化する期間を鍬下といい,開発から一定期間年貢諸役を免除することを鍬下年季という。
新大和川の川床になった潰れ地と開発された新田 
大和川の付替で新川の川底となった潰地は攝河泉三ヶ国で274町6反余になり国郡別では次のとおり。
河内国 志紀郡(7村)55町7反・丹北郡(18村)135町9反・古市郡(2村)7反
攝津国 住吉郡(⒓村)78町8反・西成郡(2村)1町8反
和泉国 大鳥郡(1村)1町9反
潰地となった地はいずれも農地として優良田であったが、代替地として与えられたのは旧川床や池床であり砂地で稲作には不向きであった。そのうえ支給された代替地が新川で分断された地の場合、舟で往来したり、旧大和川筋の土地を代替地に支給された場合など耕作に行くのに半日を費やしたりの不便さから手放さざるをえなかった様です。  
新大和川筋に出来た開発新田 
 新田名  国・郡 面積(町)  石数(石) 
1.太田新田  河内国志紀郡 0.5  6.1 
2. 川辺新田  河内国丹北郡 8.0  58.6 
3. 東瓜破新田  河内国丹北郡 6.3  12.1 
6. 芝油上新田  河内国丹北郡 1.0  11.2 
5. 富田新田  河内国丹北郡 13.2  94.6 
4.万屋新田  河内国丹北郡 -  11.0 
5. 富田新田  攝津国住吉郡 5.9  57.2 
8. 杉本新田  攝津国住吉郡 5.1  20.2 
9. 花田新田  攝津国住吉郡 6.8  6.8 
7. 庭井新田  攝津国住吉郡 -  - 
10.万屋新田  攝津国住吉郡 -  9.0
11. 西万屋新田  和泉国大鳥郡 -  0.8 
 合 計   46.8  267.0 
新大和川筋に出来た開発新田は主に東除川・西除川・依羅(よさみ)池跡を開発したものであった。
左表の庭井新田・万屋新田・西万屋新田は
、資料が欠けていて一部不明ですが新川筋の潰地が274町、石数3.716石余です故、左表の開発新田では足りず、代替地の大半は旧大和川筋に与えられたと推定されます。代替地に関する資料がなく不明ですが、松原市史に丹北郡城連寺村の代替地に関する記述があり付替前の村高471石であったが
311石が潰地になっており村高の実に66%にもなり、この代替地として旧久宝寺川筋の河内国渋川郡植松村の川上に7.9町余、付替で廃川になった西除川の川底、河内国丹北郡高木村から攝津国住吉郡桑津村まで全長94町(10.3㎞)、幅15~40間(27~72m)が与えられ合計25.6町で潰地より1.4町ほど多かったが、これらの土地は開発しなければ耕作出来ない荒地であり植松村までは片道2里(8㎞)あり城連寺村も約三分の二の田畑が潰地となり80軒余の家数があったが40余軒程が田畑や家屋が川床となり村を離れて混乱状態にあり遠方まで開発や耕作に出掛ける余裕もなく、やむなく、南老原村・太田村の三人に譲渡した。西除川の方は旧川床であり、幅が狭く細長いうえに、小石まじりの地であり、北の36町余(約3900m)は攝津国、南の58町(約6300m)は河内国に属していた。また村領内の新川河川内に流作場が出来たが、この流作場の入札を(1722)享保7年に募ったところ万屋新田の開発者万屋善兵衛が落札、城連寺村では村域の川中を大坂商人に支配されては難儀になると入札者と交渉同額で村に譲ってもらえることになり、中喜連村の伝右衛門に援助を頼み万屋から流作場の譲渡を請け開発地の西側を城連寺村、東側を伝右衛門請所にして享保12年に検地を受けています。左下絵図に区割りして開発者名が書き込んである下流側が城連寺村の開発新田、上流側が伝右衛門請所。右航空写真は左絵図と同一箇所の現在の状況、現在は東部分は大阪市平野区、西側が松原市の管理地でいずれも運動公園として利用されています。   
上左は(1729)享保14年、河内国丹北郡城連寺村絵図で大和川流作場が描かれており、この新川南岸の流作場の下流側を城連寺村の耕作地とし上流側を流作場の落札で城連寺村を援助した中喜連村の伝右衛門の耕作地です。
右写真は現在の河川敷でほぼ三百年前と同じ状態で残っており一部が付替時に新川の南北に分割された瓜破村の領域で現在も平野区瓜破の飛地となっています。
城連寺村の潰れ地 
上右 麦刈り入れ迄築堤工事を待ってほしいと嘆願するも拒否される。 左潰れ地の代替え地7町9反2畝余を久宝寺川跡に与えられるも片道2里余もあり農作業に通えず現地の農家に譲渡するための許可願い。
右旧久宝寺川跡の代替え地譲渡手続き。西除川・今川・池床に与えられた20町5反余の代替え地。西除川床は攝津国と河内国にまたがり「国違故、2ヶ国之御用相勤申候」と明細帳に記されこれが富田新田である。
城連寺村の潰地24.2町は1町当たりの収量12.8石の優良田であった。与えられた代替地は全て旧川・池床の砂地で稲作には不適であった。西除川跡の17.7町は細長い土地で幅が狭いうえ南側の58町(6300m)は河内国、北側の36町余(約3900m)は攝津国に所属しおり、宝永三年から開発に懸かり灌漑用の井戸80余を掘削し開発費に銀38貫余を要したと「村方盛衰記」に記されています。また、城連寺村は低地にあり村の南側は地形が高く東側も微高地で、西側は廃川になった西除川の自然堤防、北側は新大和川の堤防に囲まれ、擂り鉢の底状態になった。その為大雨になると南から落水が、東から落堀川が溢れ、西からも落堀川の逆流水が村内に流入し凹地のため水が引かないという災害が続くため水難を避けるために居住地より高い旧西除川の自然堤防上への村の移転を計画し、宝永六年に許可されますが新田開発に費やした出費のため自力での移転が出来ず大阪町奉行所に移転費用の拝借を陳情するも実現せず、(1706)宝永三年、(1708)宝永五年、(1719)享保四年、(1736)元文元年、(1740)元文五年、(1756)宝暦六年と浸水被害に悩まされ続ける事になります。また、城連寺村から二里も離れた植松の代替地へは農作業に通うことも出来ず上記文書にあるように大田村元右衛門・南老原村七左衛門・東老原村八十朗に譲渡して受領した金は離村者を含め潰れ地をだした全員に分配しています。上記文書には麦の収穫期なので刈入れが終わるまで工事着工を待ってほしいと嘆願していますが、猶予出来ないので人を雇ってでも刈入れせよとの事でですが、付替工事のため賃金が高騰し求人が出来ず十町程は収穫を放棄した様子が記されています。
宝永元年の大和川付替で旧久宝寺川を新田開発した時に下流域に出来たのが新喜多新田で全長6㎞、幅300~100mで攝河の国境にまたがる細長い新田で上流側が上新田、下流側が下新田と呼ばれていました。現在下新田の新田会所跡の主屋と門構えが上写真のように残っており大阪市の解説銘板が立てられており建物は非公開です。
鯰江川と将棋島 
 鯰江川
鯰江川とは今福村の三郷橋から下流で、三郷橋から上流は三郷井路と呼ばれています。17世紀初頭頃に淀川左岸流域の低湿地の排水を寝屋川の流水と分離するために寝屋川に並行して開削され、今福五ヶ閘門から備前島に至る766間(1.4㎞)、幅15間(27.3m)の河川で備前島では寝屋川とともに淀川へ合流していました。三郷井路や寝屋川の流域は沖積層による低湿地で大阪湾の潮の干満の影響で少しの降雨でも浸水するなど水害多発地域であったため古代~近世にかけてたえず治水工事が行われて、宝永元年の大和川付替によって寝屋川では大和川水系の河川による洪水は無くなりましたが、寝屋川・鯰江川は共に平坦な川底勾配と合流地点の屈曲により大阪湾の潮の干満による淀川の水勢におされて両川の水は逆流し降雨時などは特にひどく北・中河内一帯の村々が家屋や農地の浸水で被害を被ることが度々あり、これらの村々から請願のあった治水対策として幕府は(1771)明和八年、寝屋川・鯰江川が淀川へ合流する淀川左岸に背割堤を築堤することを認可し淀川の水圧を緩和して、寝屋川・鯰江川を円滑に淀川へ合流させようと長さ二百三十六間三尺(約450m)、幅七間(約12.7m)、高さ十一尺(約3.3m)の背割堤を築いています、築堤の先端が将棋駒のような形であったので将棋島と呼ばれた。この築堤事業は天明年間に行われ関係村民が地代として銀百七十貫を幕府に献納し、工事費三千二百両を負担して、その後の維持修繕も関係百三十ヶ村が組合を設立し負担しています。
上左写真は今福南1の高台にある五差路から下方の今福西1の五差路を見たところ、私見ですがかっての三郷橋は西1の付近にありそこが三郷井路と鯰江川の接点であったと推定しています。中と下写真は南1にある7.8世紀の丸木舟出土と大坂冬の陣の合戦地であったことを記した掲示板と石碑。 左は鯰江川跡 川跡の面影全くなし。
上左写真の道路が鯰江川跡、正面の高架駅がJR大坂環状線の京橋駅で、ここが本当に川跡?と思って京橋駅の高架鉄骨をみたら「鯰江川橋りょう」の銘板があり正真正銘の川跡であることが立証されました。この川跡道路も片町から往年の備前島までは推定で京阪電車のガ-ド下ぐらいの位置が川跡ではないかと推定? 片町から備前島(寝屋川橋東詰)まで約700mで下写真の場所に到達。 
下写真左から寝屋川が大川(旧淀川)に合流、正面の2階建の橋が現天満橋、左の川沿いのビル群は埋立地で将棋島は写真左端から現在の天満橋西側の八軒家浜辺りが島の突端であったようです。将棋島の築堤は(1771)明和8年に行われており工事の記録は残されていませんが大和川付替工事以上の難工事であったと思われます。
上図 大和川水系の河川が淀川(大川)への流入地点、
(1863)文久3年の絵図。

右上図
 (1931)昭和6年の寝屋川土地区画整理の時の大阪市の資料から。

右下図 江戸期に築堤された背割堤(将棋島)の位置を昭和60年代の地図上に重複させた図。
この将棋島が明治六年にオランダ人技術者により粗朶(そだ)沈床による水制工事を行っているのは近代になっても寝屋川・鯰江川流域に淀川の逆流水による水害があったということでしょう。(1885)明治十八年六月の淀川左岸堤防決壊(枚方切れ)による大洪水で将棋島は崩壊流失しており災害緊急工事で翌十九年六月には復旧しています。この大水害のあと淀川放水路の開削が行われ明治四十三年に完了しており、大正年間に毛馬の水門が建設され、その後に行われた淀川の浚渫工事で水位が大幅に下がっています。この頃から新たに開削された淀川放水路が新淀川、市内を流れていた淀川が中之島より上流を「大川」又は「天満川」、中之島で左右に分かれ南側を土佐堀川、北側を堂島川と呼んでいます。大川の浚渫工事で水位が低下安定したことにより寝屋川・鯰江川の疎通もよくなった事で将棋島の存在意義なくなり大正十四年に大阪市へ十五万円で将棋島を売却していますが、将棋島占有者と立退補償問題で訴訟事件が起きたため組合も存続し、全ての問題が解決した昭和十一年に解散していますので、この時点まで将棋島は存在していたと思われます。将棋島占有者と大阪市の訴訟についての昭和五年の新聞記事記事があり立退問題の一端を垣間見ることができます故下記に転載しました。
大阪時事新報(1930)昭和5年8月9日
大阪市役所が行政法第五条を楯に借用人は借地法の適用を受くるべきものと突張っている大阪天満橋の中間将棋島を廻っての争いは已に市役所側が一戒告書をつきつけて同島上建物を取毀ちつつあったが八日大阪地方裁判所新田裁判長が突如「取毀ちを中止すべし」との仮処分の命令が発せられたので、市役所は今朝来より取毀ちを中止した、将棋島は市役所内将棋島普通水利組合の管理に属し大正八年毛馬閘門が出来て、不必要となった所から市は(当時郡長)借地料を得る目的で同年四月大阪市南区内安堂寺町一の二四松本藤吉氏に一箇月八百円の賃料で向う十箇年間の賃借し藤吉氏は莫大な費用を投じて土を盛り石垣を築造し「現在の如き立派な島にし家を建造した藤吉氏隠居して現在では大正十五年十二月以来清吉氏が継承しているが市は昭和二年十一月五日に至り同島上の建物の撤去を命じ清吉氏は右に対し本件は其の後施行された借地法の適用をうくべきものであり従って期間は大正八年より向う二十箇年間に延長されたものであるとて本年七月二日大阪地方裁判所に借地権存続確認の訴えを提起した、市側は何処までも本件は公法関係であり行政法第五条の適用を受くべきものであると突張り、四月二十五日清吉氏宛に「五日以内に建物を撤去せよ、応ぜざる時は取毀つ」と戒告書を発して現在取毀し中であったが清吉氏は島田(清)弁護士を代理人として仮処分を申請して争い、遂に清吉氏の要求通り今日中止の判定が下されたのであった
平野川(了意川)青地・井手口樋 
    (青地樋・平野川関係について青地井手口土地改良区の米沢氏に資料提供と教示をいただきました)
平野川は8~9世紀には大和川本流といわれる程の大河川でしたが9世紀に植松(現八尾市)の分岐点を閉切られ久宝寺川と分離され柏原で大和川と石川から取水、また南からの大乗川・東除川・西除川の合流を受け入れ流域の灌漑や舟運に利用されてきました。 平野川も大和川付替で水源を失った河川です。平野川の上流は久宝寺村の安井佐兵衛了意が浚渫して通舟したことから柏原~竹渕の河内領内では了意川(了意井路)と呼ばれ、平野郷から下流を平野川と呼んでいましたが、平野郷町の繁栄とともに平野川の名称が上流地域にも及んだようです。大和川付替前の平野川の水源は石川で取水する青地樋と大和川の十七間樋(段の浦樋)から水を引き弓削、田井中、木本を経て竹渕に至り平野郷町に流入し北進し鶴橋を経て京橋の下流で淀川へ注いでいました。
上図は作図年代不明ですが新大和川が描かれていないので付替前の元禄時代と推定しています。左が河内国全図ですが大分欠けた部分があり不明の箇所があります。
柏原の十七間樋は大和川から取水しているのが判ります。青地樋の取水は石川になっています(舟橋村領?)。青地樋の上にある水路は絵図左が途切れているので水源(石川?)が不明ですが国府村領にある八反樋ル-トと推定しています亀代井路を通って了意川に注いでいます。
付替前の青地樋については諸説があり柏原村「様子書」によると「柏原村十七間樋・青地樋、此両樋より大和川水を取込、此川筋大層成普請仕、其外村々所々水寄戸関樋ヲ拵(以下略)」と記され(1687)貞享四年当時の青地樋は舟橋新家の北にあったようです。柏原町史(昭和30年発刊)によると平野川は「青地樋及び弓削村の笠松樋より旧大和川の水を引き入れ」とあり、笠松樋について「柏原船由緒書」によると(1630)寛永10年の大洪水で旧大和川の柏原堤が決壊し、その復旧工事として、笠松樋をその柏原堤300間切れ所へ伏せ替えられて、十七間樋となった。その位置は現在の柏原市今町の北寄りの所で、旧奈良街道が屈折した場所の西側、段の浦で大字市村の飛地78番~79番地である。しかし、この十七間樋はその後、大和川付替で消滅した。また、平野郷町誌によると『旧河身時代に於いては弓削村に一番樋、柏原村に青地樋、石川の河身から八反樋、その川上に某樋、それが平野川の流域となった。宝永元年に新大和川が開鑿されたので、青地樋と井手口樋とを新河身に開き、八反樋と其川上の樋は新大和川南岸に限られて終った。従って青地樋・井手口樋にて新たに蒙利町村が組合を組織することになった』と二十四ヶ村の名が挙げられています。この二十四ヶ村の最北端に田島村(大阪市生野区)・猪飼野村(大阪市東成区)が入っています。
     蒙利町村の蒙利について辞書で調べましたが不明でした。私見では利益を受けると解釈しています。 
大和川付替で青地樋・十七間樋・国府八反樋、大乗川・東、西除川全て廃川になったので水源のなくなった了意川(平野川)へ水を流す必要から新大和川の北堤に新たに樋を設けたのが現代の青地樋です。新川北堤に新設された青地樋は柏原村から猪飼野村に至る二十四ヶ村が宝永元年四月の付替工事中に新樋設置を願い出て長さ二十二間(40m)、内法二尺五寸(75㎝)四方、板厚七寸(21㎝)の戸前四柱建ての伏せ樋設置を許可されています。その伏樋に要した銀三貫十三匁余を柏原村外二カ村の村高三千三百九十二石余に割当て、百石に付八十八匁八分余の割で柏原村外二カ村の地頭が負担しています。また、新設の青地樋から柏原村正木(しょうぎ)まで長さ四百七十三間(860m)を川幅三尺七寸(約1.1m)に拡げ、この坪数二百九十一坪の潰地の地主へは柏原村外二カ村と柏原舟仲間が年貢を負担したが宝暦十一年以降は沿岸二十一カ村で負担しています。
この二十四ヶ村の口上書に「此度、段之浦樋・青地樋弐ヶ所□(樋か)壱ヶ所ニ奉願候故、新樋之寸法広ヶ成申候ニ付(以下略)」とあり段之浦樋と青地樋を合わせて一つにしたのだから新樋の寸法を広げたと記されており、以前の青地樋は二尺五寸以下であったことになる。付替十五年後の(1719)享保四年には青地樋の破損を修理した際、この時の修理理由を破損としているので、(1716)享保元年六月二十日の洪水で付替の時に旧大和川を閉切った築留堤防八十間(市村新田)と舟橋村の堤防が決壊しているので、この時に青地樋も破損したものと思われます。この青地樋修理の享保四年に青地樋を修理する時に平野川(了意川)流域二十一ヶ村から「寸法三尺五寸(1m)四方」の樋に伏替えることを願い出て、翌五年の同趣旨の願書には「宝永元年は不案内であったので、樋の寸法を狭くお願いしたことを、今後悔している。樋伏替えの時には寸法を大きくして下さるようお願いしょうと立合の村々がかねがね申し合わせていた」と記されています。また、旱魃で大和川に水がなくなり、俄に夕立があっても樋口が狭いので、了意川の水上の村々へは用水が入っても水下へは行き届かず、恵みの水も海へ無駄に流れてしまう。青地樋名代の柏原・西弓削・田井中の三ヶ村は樋の近くに位置し、用水が不足しないため樋拡張に同心せず、水下の村々が迷惑している」と「覚書」に記され青地樋組二十一ヶ村の中でも、早くから水上と水下では意見の不一致が顕著であった。これは青地樋組だけではなく江戸期の攝河両国全般に見られる現象であり、百姓にとつては水は命に次いで大切なものであり、こうした水争いが起きるのは当然である。青地樋の内法が広くなる事について新大和川下流の太田村から湯屋島村までの十八ヶ村が次の二点の理由を挙げて青地樋の拡大に反対しています。
◆万一青地樋が拡大されると、新大和川の川下に流れる用水が少なくなって川下の百姓が困る。
◆大和川の春・冬の常水の時、流水量が少なくなり、剣先船の運航が滞り、百姓が使用する肥料が不足  し農作業に差しさわる。
※大和川の普段の水量の少なさがよくわかり、雨が降ると忽ち増水し、増水するのも早いが雨後の減水も
早いのがこの川の特徴で、これは現在でも同じである。

この享保四年の青地樋伏樋拡大に付いての願書に続き翌五年十月にも同趣旨の願書が出されており「宝永元年の大和川川違の時は不案内であったので、樋の寸法を狭くお願いしたことを、いま後悔している。樋伏替えの時には寸法を大きくして下さるようお願いしようと立会の村々が、かねがね申合わせていた」と
上は大和川図巻で見る青地樋・井手口樋と周辺図。 青地樋=長21間内法2尺5寸四方高2尺1寸、 116=築留一番樋143=築留二番樋、 146=築留三番樋、 153=船着場、 156=船乗場、 194=字井手口此堤長60間、 
204
=井手口南国役樋長13間半法1尺6寸四方高1尺3寸上口2尺1寸下口1尺6寸二十一ヶ村立会、   
記されています。この二十四ヶ村の願いが、どう決着したのか資料がなく不明ですが青地樋の伏替は(1723)享保八年幕府の堤奉行の担当で国役普請として第一回の伏替が行われ、(1742)寛保二年、(1754)宝暦四年の伏替記録がありますが樋の寸法についての記録はなく樋の拡大についての可否についは不明です。宝永元年大和川付替の時の新樋設置願は以下の通りで平野川筋の21ヶ村の連名になっています。
 乍恐以口上書御願申上候 (宝永元年の新樋設置願)
.平野川筋村々用水之儀は、従先年柏原村領青地・段之浦二ヶ所の樋より平野川筋へ水を取、且又国 府村八反之樋より亀代并井路へ用水流出、其外大乗川・狭山東除川、此分平野川筋へ落込申に付村々大分之用に罷成、其上柏原舟往還仕候。此度新川堤に隔り、用水取申便絶申候付御願申上候御事。
1.此度新川北堤、柏原村領字舟橋境に柏原村・弓削村・田井中村立会にて長二十二間、内法二尺五寸四方板厚七寸、戸前四ッ柱建之伏樋奉願候。然ば此新樋之井路、唯今迄は青地樋一ヶ所にて御座候故井路幅狭く御座候。此度段之浦樋、青地樋二ヶ所を一ヶ所に奉願候故、新樋之寸法広く相成申候に付、井路筋幅二間通新樋より字ひえの木まで、長五百間御広げ被下候様に奉願候御事。
.亀代井路筋大井村領南堤、字井手口と申所に判形之村々不残立会にて、長十五間、内法一尺六寸四分四方、板厚六寸、戸前四ッ柱建、同村領北堤字井手口に長十八間、内法一尺六寸四方、板厚六寸戸前四っ柱建樋、南北二ヶ所被為仰付被下候様奉願候。且又北堤伏樋より西へ亀代井路前迄、長三百間余、幅一間半、同東へ柏原村領迄長二百二十間余、幅二尺計之新井路奉願上候御事。
  右御願申上候場所、乍恐絵図に記、差上申候間、被為仰付被下候ハバ難有可奉存候、以上
   宝永元年申四月
   久下作左衛門様御代官所
                         河州志紀郡柏原村庄屋  忠右衛門
                            同        清 兵 衛
                          同村年寄       庄右衛門
               志紀郡 大井村  西弓削村  太田村  南木本村  北木本村  
                   西弓削村  田井中村村  沼村
               渋川郡 亀井村  西亀井村  竹渕村  新家村  南鞍作村
                   鞍作村  正覚寺村  太子堂村  六反村  四条村
               丹北郡 木本村  六反村  出戸村    
               東成郡 田島村  猪飼野村    住吉郡 平野郷町
右は今度新川御普請に付、前々より有来候井路川床に罷成、用水難成御座候付、村々百姓共新樋願出申候。依之村々吟味仕候処、少も障儀無御座候。尤此外立会村々無御座候。右願之通被仰付被下候様奉願候。以上
 宝永元年申五月
                     久下作左衛門内  柳沼新五左衛門
  大久保甚兵衛 様
  伏見 主水  様
  万年長十郎  様

 ※上記新樋設置願の署名24ヶ村になっているのは西弓削村・六反村・鞍作村は1村が2領主の領地に分割されているため。
 平野川
平野川は青地樋で大和川から取水して南の丘陵地からの大乗川・東除川・西除川が平野川に流入していて、久宝寺川の自然堤防の後背湿地を流れ久宝寺川左岸地域の用排水路であり、柏原舟の航路であった。宝永元年の大和川付替で了意川(平野川)への流入河川は全て遮断され水源を失うことになり了意川筋二十一ヶ村は堤奉行の大久保甚兵衛、伏見主水、万年長十郎に願出て、新大和川の堤防に青地樋と井手口樋を新設します。青地樋は新大和川の北岸、井手口樋は南岸の大井領とこれに対する北岸とにあり、大和川渇水の時は南岸の落堀川の水を、大和川を横断の掘割によって北岸の樋に導水する様になっています。青地樋組は平野川筋二十一ヶ村で、高二万三千六百石余、約一千町歩の用水として運営、管理されていました。近年の流域都市化により灌漑用水路としての利用は減少し流域後背湿地の排水路としての機能を持ち河内平野南西部一帯の排水河川として重要な河川となっており、洪水時の調整池として八尾空港北濠調節池が設けられています。  
左図 現青地樋の灌漑水路と一般水路図クリックしていただくと拡大します。

上図 赤枠内が青地樋からの農業用水供給範囲
 上図 左青線囲は現在の十七間井堰。右大和川の青線囲は青地樋門。地図上の矢印は水の流れる方向を示す。
上地図は現代の青地樋から取水した用水の配水路図です。JR柏原駅からJR八尾駅までの線路敷きが旧大和川の左岸堤防跡です。青地樋から取水した平野川水路は柏原市本郷3の本郷橋まで旧大和川左岸堤防下を
流れて左折、柏原・八尾市境を弓削で八尾空港北端を暗渠で抜けています。農業用水として八尾市大正・藤井寺市川北地区に配水しています。
 柏原市古町の青地樋  平野川 中流  平野川 下流 
 平野川筋探訪
           現在の平野川の様子は左上の平野川筋探訪をクリックしてご覧ください。
往時の大和川筋・平野川筋の川船
 剣先船
古代から大和川には舟運があったといわれ、推古天皇16年(608)遣隋使小野妹子の帰朝に際して隋使裴世清が来朝この時裴世清一行は船で大和川を遡行大和へ行ったといわれている。しかしそれ以後大和川船運に関する記事は殆どなく近世に至り江戸初期には大坂の上荷舟や茶舟が、大和川に水のある時期には運送に従事したことが伝えられる。(1646)正保三年、大坂の上荷舟や茶舟仲間が吃水の浅い特殊船を造って大和川での荷物輸送の営業を大坂町奉行に請願して認可された。その船は長さ十一間三尺(21m)、梁間一間一尺二寸(18.3m)、水夫二人で積載量は三十六、七駄(一駄=四十貫目)一千四百四十貫目(約5400㎏)の荷物を積む事が出来たこれを剣先船と呼んだ。二百十一隻の認可を得て百五十隻は大坂、三十五隻は国分村、十八隻は石川村、八隻は古市村に船籍を持っていた。営業範囲は大坂京橋から上流に限られ、大和川筋は亀の瀬まで、石川筋は喜志・富田林までで許可された。この剣先船以外に沿岸二十三ヶ村の所持する在郷剣先船七十八隻があったが無免許であり、(1680)延宝八年には役儀(租税・課役)も勤めず極印も無いため使用禁止となる。しかし(1684)貞享元年に二十三ヶ村の困窮が認められ役儀を勤める事を条件に当時の残り船のみに極印を打ち使用が認められる。剣先船には京橋から下流に入ることは禁止されており、大坂から大和・河内へ輸送する荷物、またその逆の場合、京橋で剣先船から上荷舟、茶船に積替えをするため余分な運賃がかかる為、剣先船が禁制を犯し淀川に漕ぎ入るため紛争が起こることがあり、このため(1657)明暦三年大坂町奉行は大和川上流に輸送する荷物に限り京橋下流に入っての積荷をする事を認めた。(1674)延宝二年、尼崎又右衛門という人物が剣先船百隻の新造を願いでて認可された。従来からの剣先船を古剣先船、新規認可の船を新剣先船と呼ぶようになる。この時期が剣先船の全盛期であったと思われます。
剣先船  上荷舟   屎尿舟
新大和川の剣先船は旧大和川と同じ大きさであったが積荷重量は16駄(約2400㎏)であった、これは新大和川の浅香と瓜破の急流では、曳舟でなければ進むことが出来ず「船ひき子」の賃金がかかり、また新川全体にわたり土砂の堆積がひどく、平常の水量が少ないため水深が浅く、川辺から上流の築留まで2880間(約5.3㎞)ほどは平坦部で水量が少ないときは、船底が川床につかえて動かず、水夫が川床を堀り船を進めなければならず、柏原に着くまでに日数を要し、こうしたことが積荷の運賃に転化為ざるを得ず旧大和川の船賃の3倍にもなり農家が困窮したが人馬での輸送では需要に追いつかず、剣先船に頼らざるを得なかった。旧大和川では剣先船による大坂から河内・大和への輸送は国分・亀の瀬へ当日のうちに着いていたが、付替後の新川ル-トによると通常でも3~4日、天候が崩れると6~10日も要し年間の肥料輸送を40万駄(1駄=40貫)として20万駄を剣先船、船で輸送できない残り20万駄を人馬に頼ることになると年間6000両余りが負担増になり船賃と共に農家にのしかかり付替翌年の宝永二年には油粕・干鰯等の肥料輸送が滞荷し不作の原因になったという記録もあります。
宝永二年の新川筋村々への剣先船認可願いによると「大和・河内両国油粕・干鰯其外諸色古来より大和川剣先船ヲ以運送仕来候」「剣先船荷物ハ拾駄ニ八、九駄も油粕・干鰯ニ而御座候」と記されており荷物の大半が農家の肥料であった。また、大和・河内からの荷物は主に年貢米であったが宝永七年から正徳四年頃にかけて肥料の需要と価格の高騰がはじまっているのは綿の栽培が増えたためと思われる。 

上は大和川図巻の西枯木村・庭井村付近で青線で囲ったところに「剣先船通りスシ」と記されています。新大和川の平常は水深が浅いため所々に土俵を積んで船の運行水路を確保する必要があった。「剣先船通りスシ」と記されているのは上記箇所のみですが、この様な剣先船の航路確保のための水路と覚しき箇所は他にも確認出来ます。 
 柏原舟 
(1633)寛永十年八月の洪水で柏原村は死者や家屋の流失で大きな被害が出た。当時は災害復旧費は全て村の支出で行うのが慣習であったため、この洪水被害の復旧費捻出のため代官の末吉孫左衛門は柏原村を地域の物資集散地として平野川を川舟によって柏原~平野郷~大坂への輸送を発案、大坂町奉行、久貝因幡守の内諾を得て大井村庄屋の九右衛門と治右衛門、柏原村庄屋の清兵衛の三人に寛永十二年、五隻の剣先船で平野川筋を猫間川まで川浚いをし、通船に支障の無いようにした。翌十三年に奉行所の認可も得て、三人は舟仲間を組織して四十隻の舟で積荷輸送の営業を始めたのが柏原舟の始まりである。
舟は二十石積で長さ七間四尺五寸(約14m)、幅七尺(約2.1m)、深さ一尺四寸(約31㎝)、底板横幅五尺八寸五分(約1.7m)の浅川舟であった。当時綿や菜種の栽培が多く農家は油粕、干鰯等の肥料の需要が多く陸路輸送に競べて一度に多くの物資が運べて運賃も安いとあって活況を呈した。大和川付替により従来大和川で運行していた剣先船が木津川から十三間川を経由して新大和川に移り旧大和川の時より不便に成り柏原舟が一層の繁盛を見るようになった。従来柏原船の運賃は慶長銀で定められていたが、宝永年間に銀替わりがあり、新銀になっても従来通りの船賃では近年の諸物価の高騰と川筋の門樋や川浚え費用の負担等で柏原船の経営が立ちゆかず船賃を新銀勘定に値上げしたので沿岸村々では年貢米等の輸送は日時の指定があるので船方の要求通りに支払っているが、古くは村々も手舟を持って運送もしたが二十年前柏原舟仲間からの訴訟により禁止されたので、今はそれもかなわず村々の窮状も察して柏原船の運賃値上げを認めないでほしいとの訴訟を起こした。しかし、平野川も付替で水量が減り舟の積荷を減らす処置をとったものの段々舟の運航に支障を来すようになり灌漑水路としての存在を維持するために船の運行を農閑期に限定するなどしたために柏原船の運航にも大きな打撃を与えることになって(1781)天明元年には柏原船の稼働は約半数まで減少しています。
柏原市本郷の柏原舟溜まり場跡  復元された柏原舟  南木の元に復元された柏原舟使い場 
平野郷町絵図に見る柏原舟舟入、舟会所もあり賑わった。 平野郷市町の柏原舟舟入跡を示す標識もなし、左図参照
船 名  運 行 場 所   取 扱 荷 物
 古剣先船  旧大和川・寝屋川・恩智川・楠根川  油粕・干鰯
 新剣先船  新大和川。寝屋川・鯰江川  油粕・干鰯・年貢米・綿
 柏原舟  了意川-平野川  年貢米・油粕・干鰯・綿
 井路川舟  付替後の旧久宝寺川筋  年貢米・肥料
 魚梁船    亀の瀬より上流の大和川  年貢米・肥料・大和の産品
 屎尿舟  旧大和川・付替後の井路川筋  人糞
 上荷舟  海・淀川(現大川) 入津してきた海舟の上荷を河口で積取り問屋へ運んだ 
 茶舟  淀川(現大川)海舟でありながら浅い川でも通航可(10石積)  上荷舟と同じ
 平田舟   新大和川  肥料・河内の産物
 魚梁船(やなふね) 
(1601)慶長6年、大和国平群郡小泉二万石の領主片桐且元が年貢米を大坂に運ぶため角倉余市の協力で亀の瀬峡谷を通し同15年立野村の安村喜左右衛門に魚梁船の経営を命じた。長さ14.5~15.5m、幅1.5mで船底が平らで9枚のむしろで帆を立てていた。亀の瀬を境に上流は魚梁船、下流は剣先船と営業区域は分かれていた。
 国分船 
国分村の伊右衛門が柏原舟にならって底の浅い船による輸送を(1639)寛永16年に認可を得て営業した。石川流域~大坂で営業区域は剣先船と競合した。
 屎尿船 
江戸期の大坂市民の屎尿の運搬にあたった船で大坂町奉行は屎尿船に対しては運上銀・役船も免除した。「肥取舟・小便買舟」は個人持ちと村持ちがあり幕末期には下尿仲間が328ヶ村、小便仲間が約400ヶ村あり屎尿舟は数千艘に及んだといわれていますが付替のあった宝永期の屎尿舟の数は不明ですがかなりの数があったと思われます。
旧大和川筋では付替後、剣先船の航行が不能と成り残存した在郷剣先船は(1725)享保8年に願いでて「在々要用」のための通航に限り寝屋川・恩智川・楠根川の通航を許可されています。
 平田舟
江戸時代各地の河川で貨客の輸送に使われた。 吃水(きつすい)の浅い細長い川舟。時代・地域により,大きさ・舟形もさまざまであったようです。新大和川では長さ15~20m、幅3~4m程度の舟であったようです。(1740)元文五年、河内国一円に拡がった綿作等の肥料の供給と収穫した綿やその他の品を堺に運ぶことを目的に堺の惣年寄十人が平田舟百艘の認可を願い出て許可されましたが、(1758)宝暦八年には廃舟願いが提出されています。平田舟が僅か十数年で舟数を減らして、遂に廃舟に至った原因は堺市史によると大和川の流出する土砂によって、堺港は次第に埋没し、港としての機能をかなり失った。防波堤の役目をしていた亀甲堤が、数十回に及ぶ修理や浚泄にもかかわらず、埋没して、ついに放棄されたのが(1770)明和七年であった。新大和川の航行には、かなりの水路構築、可航日数の制約などで採算がとれなかった。大坂・平野郷町の商業圏の力がかなり強かったので、期待通りの成果が上げられなかった。のが平田舟が廃舟にいたった原因としています。この頃剣先船も新大和川での運行を小型船に換えて営業しています。 
 上荷舟
長さ9.3m、梁間1.8m、で20石積で水夫2人、大坂市中の川筋を営業範囲とした。入津してきた大形船の上荷を河口で積取って問屋や蔵屋敷へ運び大形船の吃水を浅くして淀川へ入りやすくする。また、問屋や蔵屋敷から河口の大形船に荷を運んだ。
 茶船
長さ8~8.6m、梁間1.7mで十石積水夫1人、元は茶を炊いて売っていた舟だが上荷舟とと同じ働きをした。
 井路川舟
(1705)宝永5年に旧久宝寺川沿いの二十五ヶ村に十石積の小舟百隻が柏原船の扱う荷物を積まないことを条件として旧川跡の井路川における運行を認可された。
旧久宝寺川(長瀬川)
現代は「長瀬川」と呼ばれています。大和川付替後は灌漑用水路として開発新田や周辺田畑への用水路としての機能を果たしてきましたが流域の都市化が進み現代では用水路としての機能は終了し流域は長瀬川総合整備事業として整備され遊水公園や市民の憩いの水辺として遊歩道が設けられています。
 旧玉櫛川跡
この川も現代は「玉串川」と呼名はおなじですが「櫛」が「串」に表記が変わりました。この川は八尾市と東大阪市域に灌漑用水を供給している水路として八尾市域では幅3~5mの水路ですが下流の東大阪市域では幅1.8m程度になり降雨時には溢水し浸水被害が発生するため、この対策に用地買収をして第二寝屋川(元楠根川)へ放流する流路を開削しています。八尾市流域では現在も農業用水としての利用がされています。
 楠根川跡
大和川付替で水量が減少、旧川跡に菱屋中新田が開発され東西幅は30間余(54.5m)南北20町(2182m)、東西幅が旧河道と言われる。この川は長田から川俣を経て左専道の北を長瀬川に平行して流れ、天王田付近で合流していた。現在の楠根川は八尾市若草町1の近鉄大阪線鉄橋が始点で、第二寝屋川との合流点までの約3200mの一級河川です。現在大阪市城東区鴫野に「楠根川跡緑陰歩道せせらぎ」として整備されている(下写真)川跡は第二寝屋川の完成で旧河川跡が残ったものです。  
上写真は大阪市城東区鴫野東の旧楠根川跡の緑陰歩道 せせらぎ水路はあるが通水はなし。  
発掘調査で判明した築堤時の堤防 
近年、大和川付替により新川床になった舟橋遺跡・小山平塚遺跡・若林遺跡・長原遺跡の発掘調査が行われ付替当時の堤体構造が明らかになりました。
 (下記は『大和川付替と流域環境の変遷』記載の発掘調査成果から見た堤体構造からの転載です。)
 小山平塚遺跡
(1988)昭和63年、小山雨水ポンプ場建設工事に伴い大和川左岸の小山平塚遺跡の発掘調査が行われ、この調査では始めて堤防を断ち割って行われ、土層断面から見た宝永元年の築堤当時の堤体が確認され堤体は整斉な台形断面で中心部分には粘土、周辺部には砂を積上げて構築され盛土は山形に積上げ最後に台形に整形している。堤体基底部の幅は21.5m(12間)、高さ3.6m(2間)、馬踏幅5.4m(3間)、堤体基底部に南北それぞれ堤体に平行する杭列があり、直径10~15㎝、長さ2m前後の杭が30㎝間隔で打たれている。この杭列間の距離は23.4m(13間)で堤体と15~25°の角度で下流方向に延びる杭列が3列確認され堤体に当たる水流を緩めるための水制杭であろう。
 舟橋遺跡
(1997)平成6年、北条雨水ポンプ場建設工事に伴い左岸の舟橋遺跡の発掘調査が行われたが堤体南側の調査が実施出来なかった為、全容は不明ながら付替当時とその後に拡張された堤体が明らかになっている。土層断面の監察では堤体の南端付近を高く盛土し、北側へ盛土範囲を拡げていくように積上げられている.。これは落堀川掘削の土砂をつみあげたものとものと考えられる。これら盛土の大半が砂やシルト等の粒子の粗いものである。この付近は旧大和川の氾濫原であり、その堆積土を利用したものであろう。堤体の盛土としては好ましいとはいえない。堤体の表面には芝が張られていた有機質層がみられる。堤体基底部は幅約19m、高さ約3m、馬踏幅約5m、史料によると(1708)宝永5年の修復工事で堤体を1m高くし、北側にも拡張し幅4m程の犬走り状のテラスを設けている。
(1716)享保元年の修復では堤体を1.4m高くし北側へも1m程拡張し犬走り状のテラスを設けている。この2度の修復に使用した盛土も大半が砂で雑然とした積上げかたである。
  八尾市若林地区
(2006)平成18年、西岸の三箇用水樋撤去に伴い、大和川堤防の調査が行われた。土層断面で付替時の堤体が良好な状態で確認されており、川側(南)の基底部が十分に確認されていないが、基底部の推定幅26m(14.5間)、高さ5.4m(3間)、馬踏5.4m(3間)の台形断面の堤体が復元できる。堤体の盛土は大半が粘土で有り、基本的には水平に積まれており、各ブロックがモッコなどを使用した一回の盛土単位を示すのであろう。堤体上半は白色系の粘土が中心で、おそらく洪積層の粘土と考えられる。瓜破台地の掘削に伴う粘土が利用されているのであろう。盛土の叩き締めは確認されない。
以上4地点の見積もりと調査結果を下表に表しました。長原遺跡は攪乱が有り正確な数字が出ませんが隣接する若林に近いものであったと推定してもよいのではと考えます。高さ、馬踏はほぼ見積もり通りになっています。舟橋遺跡の堤敷・高さが見積もりや他地点より少し小さいのは石川との合流地点であり石川の堤防との関連なのかも、ここは(1716)享保元年六月に舟橋村と国府村境で八十間ほど決壊しています。新川の築堤に砂が使われ叩き締めが行われておらず驚きです。堤体には張芝はされていたようですが堤体の構造や強度にはあまり配慮されていないようですが、これは二百二十四日という工事日数のせいなのでしょうか? しかし付替後に柏原~浅香間の新川流域で堤防決壊もなく近年に至っています。
 長原遺跡
(1994)大和川右岸の堤防内に残る笠守樋撤去工事に伴う調査で堤防が切断され、断面観察を中心とする調査が行われています。笠守樋は大和川付替に伴って旧東除川の流路に埋設された樋です。土層の観察で付替時の堤体は確認されているが、北側は18世紀後半以降の土杭や土取り状の攪乱で堤体が大きく損なわれている。南側の裾部も大きくえぐられていて付替時の堤体の規模や形態については明らかに出来ない。付替時の堤体の盛土は殆ど砂もしくはシルトであり、粘土は見られない。盛土の方法は中央が高くなるように積上げられているが叩き締めなどは行われていない。最上層は腐食土で芝が張られていたようである。調査時の状況から、頂部が丸い小高い丘状を呈していたと判断される。また、1m程度の盛土がなされた状態で、土層上面に流水の形跡がみとめられ、この面で築堤作業が一時中断されたのではないかと考えられる。堤体基底部の幅は17m以上、高さは3m強である。 

上図は発掘調査された新大和川の堤防所在地。①~③の築堤工事は幕府の直轄工事区域で、長原遺跡は岸和田藩の工事担当区域である。堤敷・高さ・馬踏はそれぞれ見積とは若干の違いがあるが見積であって工事指示書ではないので、この程度の差は許容範囲なのだろう。  
小山平塚遺跡の盛土中心部には良質の粘土が使用されており、調査当時はこれを鋼土(はがねつち)と判断し、堤体の構造が強固なものになるように配慮されていたと考えられていた。しかし、その後の舟橋遺跡や長原遺跡の調査では砂を中心とした盛土であり、近辺の土砂が利用されたものと判断さている。つまり、堤体の強度等にはあまり配慮されず、取り敢えず落堀川の掘削土など近辺の土砂を積上げた結果と考えられる。小山平塚遺跡は洪積段丘の端部にあたり、たまたま近辺の土質か゛良質であっただけと考えられるのである。若林地区の粘土も周辺で採取されたもので、意図的に粘土を積上げたものではないだろう。また、盛土は大きな単位で積上げられており、細かい単位で丁寧に積上げられたものではない。これまでの調査では、土嚢の使用等も確認出来ない。さらに盛土上面を叩き締めた痕跡は、4地点のどの土層からも確認できず、盛土段階での叩き締めは行われていない様である。ただし、堤体の表面には有機質層が見られ、史料に見られる様に、堤体には張り芝がなされていたことは間違いないようである。4地点とも、付替時の堤体の真下に、付替前の耕作土層が確認され、その上面には凹凸がみられる。これは田畑の上面を整地することもなく、堤体が築かれたことを示している。有機質層の厚い部分も見られ、栽培物がそのまま埋め込まれている可能性も考えられる。史料では、城連寺村で麦の刈り入れ終了まで堤体工事を待ってほしいという願いが受け入れられず、刈り取り未了のままで堤体工事に着手されたことが記されている。そのような状況を覗わせる調査結果であり、少なくとも堤体構築前に旧地表面に対する何らの行為も行われていないことがわかる。小山平塚遺跡では、堤体の裾部に23.4m(13間)間隔で平行する杭列が確認されている。全区間にわたるものかどうか判らないが、設計通りに工事を進めるために設置されたものであろう。舟橋遺跡でも堤体の裾部で杭列が確認されている。これらの杭列は、30㎝程度の間隔で打ち込まれており、目印としては間隔が密にすぎると思われ、それ以外の目的もあったのではないだろうか。杭間には板材やしがらみ状の施設等は全く認められないが杭を打つことによって、土留めの機能を果たしていたものと考えられる。この杭列間に盛土が積上げられているのだが、前述のように、盛土は近辺の掘削等に伴う土砂を積上げたのみである。積上げ方も中央を高くする場合や端部から積上げる場合など、一定の方法は認められない。叩き締めも認められないが、規模は見積もりよりもやや小さいものの、かなり近いものであった。上面の平坦面も美しく仕上げられていたようである。表面への張り芝もなされていた。この様な状況から考えると、堤体の強度や構造にはあまり配慮されず、取り敢えず土砂を積上げて、設計に近い規模の堤体を築き、最後に堤体に相応しい仕上がりになっていればよいという構築方法が窺える。若林地区を除く3地点では、いずれも見積もり段階での堤体よりも若干小さいものとなっている。叩き締めがみられない盛土から考えると、盛土の荷重による構築後の沈下がある程度想定されるところである。しかし高さにおいて20%も低くなっていることを考えると、計画よりも若干小さくなっても許されたのではないかとも考えられる。このあたりに、8ヶ月弱という短期間で完成した大和川付替工事の実態を垣間見ることが出来るようである。  
大和川の堤と船橋遺跡の発掘調査について藤井寺市教育委員会事務局教育部文化財保護課の
『大和川の堤と船橋遺跡の発掘』で堤防断面写真と詳しい調査結果が述べられています故下記
クリックしてそちらをご覧下さい。
大和川の堤と船橋遺跡の発掘    
クリックスすると
スプリクトエラ-発生画面が表れこのペ-ジのスプリクトを実行し続けますか?
の画面が表示されますので「はい」をクリックして下さい。
 

 左岸側 (南堤)   堤敷 12間半(22.7m)  高さ 2間半(4.5m)  馬踏 2間半(4.5m)
小山平塚遺跡(左岸・幕府)      11.7間(21.5m)     2間(3.6m)      3間(5.4m)
船橋遺跡(左岸・幕府)      10.4間(19m)    1.6間(3m)     2.8間(5m)
 右岸側 (北堤)  堤敷 15間 (27.3m)  高さ 3間 (5.5m)  馬踏 3間 (5.5m)
長原遺跡(右岸・岸和田藩)     9.4間?(17m以上)     1.6間(3m強)  -
若林(右岸・幕府)     14.5間(26m)      3間(5.5m)      3間(5.5m)
付替工事見積もりと発掘調査結果の比較(太字は見積もり)
長原では攪乱されているので正確な数字は出ないが他とほぼ同じと思われます。堤体の構造・構築方法については土砂を積上げただけで、叩き締めもされていないのは何故? 舟橋~川辺間の堤防内側に粘土台地があり、これが享保の築留切れの原因となっているが、なぜこの粘土を築堤に利用しなかったのか 幕府・手伝大名担当の築堤工事のいずれも手抜き工事に等しい構築方法であり、また、城連寺村文書に見られる様に麦の刈り入れまで築堤工事を待ってほしいという嘆願も無視して築堤工事が強行されており、こうまで工事を急がせたのは新川筋農民の不満が百姓一揆にでも発展することを恐れたのだろうか この大和川付替工事について多くの史料が残っていますが、欠けている史料も多く幾多の疑問もあり今後の研究によりこれらの疑問点が明らかになることと思います。
付替後の新旧川筋の明暗 
「大和川付替」は旧川筋と新川筋の村々の明暗を分けることになった。旧川筋流域の村々は積年の悲願であった大和川水系の河川による洪水被害から完全に解放されたが、次なる課題が待ち受けていた。それは淀川の洪水、寝屋川の逆流による水害、悪水の排出問題、旧河道、池床の開発により多くの新田が誕生したが、旧川は全て廃川になりその河道には新川堤防に伏せられた樋から取水する用水路による配水に頼るしかなく、皮肉にも洪水被害から解放されたが今度は水不足に悩まされることになるが、「大和川付替」による新田開発やその後の綿栽培による産業開発がこれらのマイナスをカバ-し地域の発展に大きく寄与したことは間違いない。
一方、新大和川流域の村々にとっては「大和川付替」は迷惑以外のなにものでもなかった。多くの優良耕作地が新川の川床になり、与えられた代替地は稲作に不向きな砂地で、しかも村から遠く離れた旧大和川筋の廃川跡では耕作に通うことも出来ず、手放さざるを得なかった。新川左岸では土地の北側が低くて、水が北に向かって流れる所に横向きの新川と、その堤防を築き殆ど河道を掘削すること無く造ったので従来から北へ流れていた狭山池用水路や東除川の水を新川に落とし込むことが難しく、そのため新川沿いに落堀川を開削したが地形にそぐわない横川であり東西方向の勾配が小さい為、流れが悪く降雨時には度々溢水した。新川右岸の村々は南からの河川と全ての用水路を新川遮断され新川堤防の伏樋からの取水に頼らざるを得ず用水不足に悩まされることになる。新川筋の十二ヶ村が村域を新川により分断され川を挟んだ農地や行政域に不便を感じたまま付替三百有余年を経た今日まで八尾市・大阪市平野区・東住吉区・住吉区・住之江区に大和川を挟み分断された行政域が残る。  
付替後の新川流域で発生した洪水 
西暦  和  歴   摘         要
 1716  享保元年6月20日  築留(柏原村)で旧川閉切り堤防が右岸で100間余決壊。舟橋村と国府村の領境で左岸堤防80間余決壊して落堀川へ流入、東除川の石樋が流失。
 1718  享保3年8月  大和川氾濫し大和橋破壊、堺市内と戎島浸水。 
 1740  元文5年5月3日  左岸堤防29間決壊、堺奉行所前で4尺、北半町1丈余浸水。 
 1801  享和元年5月15日  大和橋下流で左岸堤防決壊、南島田新田・山本松屋新田に土砂流入。 
1811   文化元年8月29日  左岸堤防100間余決壊、堺市中浸水、(1811)文化8年6月にも同被害。
 1852  嘉永5年7月21日 右岸堤防が遠里小野で決壊大坂側が浸水。 
 1867  慶応3年4月 堺で大和川が決壊した。 
 1867  明治元年5月13日 遠里小野で右岸堤防が決壊 安立町で家屋30戸流失大阪側浸水。
 1870  明治3年9月18日  遠里小野で右岸堤防が決壊 大阪側浸水。
 1884  明治17年  大和川洪水で堺浸水。 
 1885  明治18年6月18日 この洪水は淀川堤防の決壊により起こった未曾有の大洪水で枚方の三矢、伊加賀の堤防が決壊したのを始め、淀川堤防があちこちで決壊。府下の北・中河内郡、東成郡・大阪市街の7万数千戸が最大13.3尺(約4m)浸水し、家屋流失約1,600戸、同損壊約15,000戸という甚大な被害に見舞われ被災人口は約27万人。橋梁30余りが次々に流失し、市内の交通のほぼ全てが寸断され完全な麻痺状態に陥り市民生活は困難を極めます。これ以前にも淀川堤防の決壊による洪水被害はありましたが、この年の洪水の甚大な被害は淀川の抜本的な改修を促す機運を高めます。
 1889  明治22年8月19日  大和川堤防決壊28ヶ所・橋梁の流失22ヶ所、この時の水量一丈三尺(3.9m)に達する。
 1896  明治29年7月19日
 同年9月11日
大和川洪水で堺浸水。
枯木・富田・住道の右岸堤防決壊し浸水。
 1899  明治32年  大和川洪水で堺浸水。 
 1903  明治36年7月9日  大和川堤防決壊し橋梁の流失・堺市内浸水。
 1913  大正2年  堺で大和川洪水、市内が浸水。 
 1953  昭和28年9月  台風13号による出水で奈良・大阪で死者10名・浸水家屋10数万戸の被害発生。 
 1954  昭和54年6月  梅雨前線による出水で松原市天美・三宅地区浸水する。 
 1982 昭和57年8月1~3日  台風9・10号による大雨で大和川出水、支流で決壊、溢水あり奈良・大阪で死者22名、浸水家屋86.468戸。 平野川・今井戸川流域でも大規模浸水発生。 
(1716)享保元年の築留切れ
新大和川では太田村より東瓜破村までの間には一部に常水が通ずる水尾筋を作ったのみで堤防内側に粘土の台地が残っていた。当初の目論見では水勢のため自然に洗い流されると見られていたが、付替から十二年後の享保元年六月二十日、柏原村の築留で旧大和川右岸の締切り堤防が100間余が決壊し、対岸の舟橋村と国府村の境界で左岸堤防が80間余決壊し洪水が落堀川へ流入し大堀村では東除川の石樋が破損流失した。柏原町史によると、この粘土台地の面積は「川床南寄りで津堂村より大堀村に至る長さ約七百間(約1273m)、幅約五十七間(約104m)、面積十三町(1289a)余。その下流三宅村(丹北郡)付近にて長さ六百五十間(約1182m)、幅約五十七間(約104m)、面積十二町(1190a)余。その他北側堤防沿いの細長き台地。総計約二十八町歩」である。この享保元年の洪水原因は宝永元年の付替時の普請残りの粘土台地が禍したものであるから川下の村々より粘土台地取払いを請願したが公儀では、工事には多額の費用を要するとので直ぐには出来かねるとの事で、応急処置として堤の重置又は腹付を請願したが、これも取上げてもらえず流域の村々では、この粘土台地が存在する限り再び堤防決壊の恐れありとして上流の柏原村他数ヶ村も参加して再三請願を続けた結果享保二年に至り漸く請願が受け入れられ公儀より粘土台地取払い工事が施工された。この工事から二百三十余年を経た(1951)昭和二十六年の夏期渇水時に川床の粘土層が露出し、方一間内外の粘土槨が羅列した古代遺跡が発見されましたが遺跡が大和川の川中という特殊な事情で調査が遅れ昭和三十一年から調査が開始され飛鳥・奈良時代の寺院跡のほか、弥生時代の墓、古墳時代の住居、古代・中世の集落遺構が、東西約一キロの範囲に分布しており、縄文時代晩期の土器、須恵器出現前後の土器、奈良時代の土器が出土しており舟橋遺跡と呼ばれるようになりました。 
 ※ 重置堤上に土を置くこと   腹付堤防の側面に土を置くこと 
資料から見ると付替後の新川上流では享保の築留切れの他、大きな洪水は無かったが下流では上表のように洪水は浅香山以西で起こっており、左岸・右岸堤防の決壊で堺市内と大阪側では遠里小野地区に被害が発生しています。ここに挙げた洪水記録は大和川本流に於いて発生したものですが付替前の反対派の訴状に『大和川東西ノ堤ニセカレ南表狭山西除川・東除川ノ間凡一万八千石程ノ悪水落込申候ニ付御田畑ハ勿論、居村ノモ水入…』と訴状にあるように南から流れ下る、川や井路川による溢水による水害も多発しており、なかでも西側を旧西除川の自然堤防、北側を新川の堤防、東と南側を微高地に囲まれる形になった城連寺村の浸水被害は村の存立を脅かす深刻な問題でした。付替翌年の宝永三年には村の廻堤が決壊。宝永五年、冠水で稲作不毛。享保四年の洪水で東除川を落堀川に落とし東瓜破領で新川に合流させ、西瓜破領以西の落堀川を4間幅に狭め新田開発したが水害発生。元文元年、出水のため東除川の大堀領橋樋跡の落堀川堤防決壊。その後も度々決壊する。元文五年、洪水で村内家屋数軒流失。宝暦六年洪水で村の耕作地20町歩余が冠水。と大雨になると南の高地からの水が流下し、東から落堀川が溢れ、西からは落堀川を通して新川の逆流水が来て、擂鉢の底状態になった城連寺村に滞水した。このため村では全村の移住を決意するも実現しなかったのは城連寺村の潰れ地で前述した通りです。   
大和川付替後の洪水が浅香山以西で多発し被害を被るのは堺であり付替反対派の訴願では此の事が予見されていたが堺では付替反対運動も起こることなく、むしろ新大和川は堺にとって船運等による利益をもたらすのではという予測の方が大きく、度々の洪水や港の衰退などは堺の住民にとっては予期せざる事であったでしょう。しかし堺港へ堆積する土砂は新大和川だけではなく淀川水系から排出される土砂も相当量あったと考えられます。宝永元年の大和川付替以前は大和川水系の河川は大坂城の北で淀川に合流しており、淀川は大阪湾近くで木津川と安治川に分流し大阪湾に注ぎ洪水時の河口に於ける土砂堆積は、むしろ堺港以上であったと考えられます。淀川河口の土砂浚渫の記録文書は多く現存しています。大阪湾の潮流の関係で淀川から排出された土砂は堺方向に流れる自然現象で堺港沖が遠浅になり堺港では遠浅のため大きな船の場合沖合から小舟に荷物を積替えなければならなかったといわれています。こうした現象があった上に新大和川付替で河口がより堺港に近くなり排出される土砂は湾岸流の関係で堺港へ流入する事になり港の機能が失われることになったといわれています。
綿作は大和川付替以前から 
攝河泉三国で何時頃から綿の栽培が始まったのか確たる資料がなく不明ですが、十五世紀後半頃ではといわれている。(1605)慶長十年に和泉国大鳥郡上神谷(にわたに)村の小谷家で実綿百六十六斤、翌年に百九十六斤を収穫した記録(幕藩初期経営資料)が攝河泉三国での綿作の初見といわれています。稲作に競べて綿作は用水使用が少ない、収益率が良い等の利点が有り急速に綿の栽培が広がった。(1642)寛永十九年七月二十五日付けで大坂代官平野藤次朗は河内国丹北郡の庄屋宛に出した「覚」の末尾に次の二ヶ条が記を特に記している。
◆田方に木綿作り申すまじき事。
◆田畑に油の用として菜種作り申すまじき事。
稲と綿は生育期間がほぼ同じなので、稲作より経済的に有利な綿作を百姓が田方で行えば、米が収穫されず、年貢米納の原則が崩れるため、これを禁じたもので「徳川禁令考」によると翌寛永二十年には田方綿作を禁じる法令が全国に出されている。大和川付替の六十年以前に攝河泉の国々では綿作が盛んに行われていたのである。江戸時代の平野郷町は近隣の農村より実綿(綿のみに繊毛が密生している状態)を買い集めて繰綿に加工し、各地に売り捌いていた。 
綿畠と綿の花・実 
平野郷町に繰綿の買問屋・売問屋・繰屋の三つの仲間が存在し繰綿に「本地」という銘柄を付けて江戸え出荷し平野郷町の繰綿は「綿色白く毛細く、粘りあって他国産の及ぶところでない」として評判が良く大いに繁盛したといわれている。しかし(1762)宝暦十二年の平野郷の七町と散郷の全年寄りが惣年寄りに提出した書類に「本地と申銘付、繰綿仕出し江戸表え積み出し候処、繁盛仕、夫故平野郷にも利分有之、郷内空屋敷も無之(中略)然る所右之繰綿如何仕候哉、江戸表も不時行相成、百四十年以前より本地綿江戸表へは参不申候」と記され、平野郷の繰綿に「本地」の銘を付け江戸へ出荷したところ評判が良く、そのお蔭で郷内も空屋敷がないくらい繁盛したが、百四十年前より江戸での評判が悪くなり、本地綿が売れなくなったという。宝暦十二年より百四十年前といえば(1622)元和八年である。大和川付替より八〇年も以前に既に綿作がこのように盛んに行われていたとは、但しこれは平野郷町覚書以外に立証する史料がない。これより後年になるが平野郷町誌によると(1700)元禄十三年、平野郷野堂町の竹屋某の繰綿が「しめり綿」混入を理由に江戸で取引拒絶されたという。この前年元禄十二年に平野郷の繰綿「見分会所」が設立され平野郷に集荷された繰綿の全てを検査し、しめりがない繰綿の包装袋には「見分会所」が品質保証の極印を押している。ということは「しめり綿」を出荷する問屋があり信用失墜問題があったと云うことで延享~宝暦年間にかけて平野郷町の衰微の一因になったようです。 
 平野郷町と繰綿
付け替えられた大和川トップへ
関連ペ-ジへは下記をクリックして下さい。 
 喜連の伝承
万葉の息長川
 
伎人郷(くれのさと)
喜連の息長伝説の信憑性
 
系譜に見る息長氏 
万葉集と
大伴家持の生涯
 
伝承地の息長氏  攝河の地に息長川は存在せず
孝謙天皇難波宮行幸と
河内六寺
 
馬史国人
万葉歌4458の詠み人
万葉集巻二十
編纂の謎
 
万葉の息長川番外編
平野川探訪
 
リンクのペ-ジ